チリで開催されたTPP閣僚会合において日本代表として交渉を担当

トランプ大統領が就任して以降、米国の離脱などがとりたされているTPP。
離脱表明後、初めてのTPP閣僚会合がチリで開催。それに担当副大臣として出席しました。
国会開会中なので最短日程で1泊5日の弾丸出張になりましたが、限られた時間を最大限有効活用して参加各国の大臣らと2か国会談を積み重ね、11ヶ国で改めてTPPの意義を確認し5月に次回閣僚会合を開催することを決定しました。
今後もあらゆる可能性を排除せず、しっかりと前に進めていきたいと考えています。