中学3年生による”仕事人”インタビュー

§

昨日お昼、中学3年生が内閣府を訪ねてきてくれました。夏休みの宿題で”仕事人”にインタビューをすることになり私を選んでくれたようです。私なりの時間の有効活用の工夫などいままで他人には話したことないことを含め、未来を担っていく彼にいろんなことを伝えようとお話させて頂きました。彼との出会いは、地元世田谷のある小学校に6年生のキャリア教育と社会科の授業に伺ったとき。以来3年、体も大きくなったけど、インタビュアーとしての姿は大人顔負けな位しっかりしてました。これからも頑張ってほしい、応援していきたいと思いました。