2015年6月13日(土)

§

日常活動の一コマ。霞が関の庁舎ビルの会議室を使って、様々な政策テーマの細かい会議が断続的に開かれています。有識者と官僚スタッフと政治家たちの意見のぶつけ合いの中から、新しい政策が生み出されていくプロセスです。写真は、行政改革推進会議の歳出改革ワーキンググループ重要課題検証サブグループでジェネリック薬品の普及拡大などについて議論しているところ(6月12日開催分)。多くの会議の内容は政府のHPで確認できるようになっています。