2015年6月19日(金)

§

新しい国立公文書館の建設に向けて、国会議員としては谷垣さんを会長とする超党派議員連盟の役員として、政府では公文書管理担当の内閣府大臣政務官として、一所懸命取組んでいます。6月15日月曜日午後は、議連の皆さんと国立公文書館などの視察に。
飯倉にある外務省外交史料館では、吉田茂さんの英語の蔵書に直筆コメントが。英語で…外交史の参考に1903年2月に買った、と。この時期は吉田さんは24歳、外交官かと思ってちょっと調べてみたら、実は学校を渡り歩いていた時期で学習院大学在学中で外交官志望を固めたころだと。翌年東大に入学している。やっぱり歴史研究は人間臭くて面白い。
皇居にある宮内庁書陵部には、皇室関係の文書や陵墓の資料が。圧巻は保存庫の空調…電気設備を利用せず自然換気。実際に窓を開閉して調節し温度変化は極めて緩やかだと。千年を超えて文書を保存してきた実績に基づいた考え。電源喪失による急激な温度変化のリスクはとらないとも。判断のタイムスパンが超超長期、とっても刺激的だった。
日本の歴史を刻む様々な資料は、私たちの”いま”と”これから”を見極めるために大切なもの。国として責任をもってしっかり保存し、国民の皆様が有効に活用できる仕組みをつくっていきたい。

0620-01