2017年10月21日(土)

§

越智隆雄です。いつも大変お世話になりましてありがとうございます。
たった今、三軒茶屋にて、今回の選挙戦最後の演説をしてまいりました。
この12日間、選挙区内の大勢の皆さまを訪ねて回りました。実際に顔と顔を合わせて、お一人お一人のお話を伺うことは、とても嬉しく、ありがたいことでした。
さて、私が政治家としてこれまで一貫してお訴えしてきたことがあります。
それは、「子どもたちや孫たちが過ごす日本が、本当に豊かで安全な日本にしたい。」というものです。この思いは、この12日間も皆さまにお伝えしてまいりました。
このままいくと人口減少が進みます。
そういった中でも、生活が豊かで安全であり続けるためには、「まずは景気だ」という思いで3期目の2年9か月間活動をしてまいりました。
この5年間、日本は着実に変化しています。GDPが伸び、雇用が増え、賃金が上がり、出生率も上昇し、働く女性も増えています。
ただ、まだまだ足りないものがあります。景気回復の実感と将来不安の払拭です。
女性が安心して働き、家庭生活もできる。子どもが安心して教育を受けることができる。男性中心の20世紀型企業社会から、男女が共に参画しワークライフバランス重視の21世紀型の新しい社会へ。日本の未来を切り拓こうと政策づくりを進めます。
一方、激動する国際情勢の中で、かつてないほどこの国の安全が脅かされています。国民の命と暮らしを守るため、万全を期さなければなりません。
この国の進路を決める大切な今だからこそ、本物の政治が必要です。長期的な視野に立って日本を見つめ、皆様の立場に立って、行政を動かせるプロフェッショナルな政治家が必要です。
12日間、皆さまと顔と顔を合わせてお話を聞かせていただく中で多く頂いたのは、安倍政権で実現した景気回復の動きを止めてほしくない、このまま続けて欲しいという声。そして、この日本をきちんと誇りの持てる国にして欲しいという声です。
まさにこれは、私が実現させようと考えていることにほかなりません。
私は、皆さまの大きな期待に、気持ちを新たにすると同時に、3期目2年9か月間で取り組んできたことに間違いがなく、さらに押し進めることが日本を動かすことになると確信しました。
明日はいよいよ投票日です。
報道によれば、相手候補と大変接戦の厳しい状況でございます。
皆様、どうか明日は投票所に足をお運び頂き、おちたかおに1票をお願いいたします。
ぜひとも私の実現力を、国政の場において引き続き発揮させて下さい。
皆さまの声を国政に届けます。どうぞよろしくお願い申し上げます。