2019年11月6日(水)

§

ここ数年で、最もワクワクしたグラフの一つ
この国の人口見通し、9千万人で安定する
初版は2014年12月に作成された

“人口が減少し続ける国”から
“人口減少を克服する国”へ

“一億人程度の安定した人口構造”を目指す旨
2014年6月に閣議決定したものを
具体的な数字で表したものだ

想定する出生率は
2020年1.60、2030年1.80、2040年2.07

ただ現実は、この通りにはなっていない
2015年1.45をピークに低下に転じ
直近2018年1.42

このグラフ初版から5年が経つ
この年末に、戦略が改定され、第2期の
“まち・ひと・しごと創生総合戦略”が
策定される

11月6日(水)7:30、自民党本部
地方創生実行統合本部で議論が始まった

この国の未来に深く関わる大切な戦略
5年間の政策と社会の変化を検証し
未来に役立つ政策を作らねばならない

しっかりとフォローしていきます