2019年2月10日(日)

§

2月10日(日)10:00、自民党大会at東京・高輪。2年半ぶりに谷垣前総裁が元気な姿を見せて下さった。「障がいをもつことになって、パラリンピックが本当に楽しみになった。それまでは、障がい者というと一つのグループとして捉えていたが、実際には障がい者一人一人にそれぞれ異なる状況がある。パラリンピックでは、パラアスリートがそれぞれの障がいをいかに克服して競技に臨むのか楽しみだ」という趣旨の挨拶をされた。私は改めてパラリンピックをとても楽しみに感じた。順位をめぐる競争ではなく、自らに挑戦する一人一人の戦いとして、見ていこう。谷垣さん、貴重な気づきをありがとうございました。