2020年4月14日(火)

§

コロナ緊急事態「おちたかお事務所の”接触8割減”」

「ソーシャルディスタンシング」の取組み

4月6日(月)から、事務所の運営を次の通りとした。

■スタッフ
・事務所スタッフは、一人ずつ別々に行動する
・世田谷事務所と国会事務所に、
 それぞれ一人のみ出勤する
・事務所出勤組以外は、自宅をベースに活動する

■移動
・移動はできるかぎり自動車を利用する
 (議員自身も自動車を利用)
・公共交通機関を利用する場合は、
 時差通勤など接触を減らす工夫をする

■事務所運営
・事務所には、
 議員および事務所出勤組スタッフ1名の
 計2名のみとする
・面談や打合せが設定された場合は、
 事務所ではなく、
 広い会議室を都度借りて利用する
・アポなしの場合は、基本的に接触しない
 (インターホン・電話等で応対する)

国会周辺では、議員秘書、議員運転手、議員家族、大臣秘書官室スタッフ、内閣官房幹部らが、相次いで感染。政策づくりを続けるために感染防止を徹底したい。

本日14日からは国会開催も縮小され、事務所内外での徹底した取組みを進められる環境が整ってきた。コロナ対策のための政策づくりを実行しながら、一方でしっかり「接触8割減」を実践していきたい。