2020年4月29日(水)

§

コロナ緊急事態「給付金差押禁止法案」

この危機の中で
一人一人の生活を支える法案
この一週間、自民党法務部会長として
取り組んできた議員立法

家計支援の10万円給付金などについて
差押を禁止する法案が
今日午後、衆議院本会議で可決された
党派を超えた話し合いの結果
全会一致となったこともよかったと思う
あすの参議院本会議での成立を待つ

ステイホーム週間ながら
政策づくりで永田町にいることが少なくない
ただ接触8割減は間違いなく実現している
事務所は徹底したディスタンシング実践
通勤も誰とも接触しない形にした

いま一番心を砕いていることは
事業者の固定費問題
「売上ない中、家賃負担が重すぎる」
「給料が助成金では賄えない」など
現場の声をたくさん伺っている

緊急経済対策の支援策では
全国一律の金額設定
持続化給付金100万円と200万円など
ただ家賃など物価の高い都心では
この金額では事業継続はままならない

月初から、自民党内、政府内の要路に
ある政策を提言し続けている
実現に向けてパワーアップしていきたい
コロナに負ける訳にはいかない