政策提言

おちたかおの考えをより多くの人に知っていただきたいとの思いから雑誌や機関紙に積極的に寄稿しています。

karento201304

2013/04/01

寄稿:新しい政治、新しい日本への取りくみは、国を動かす

    衆議院議員・日本の未来研究所理事長 越智隆雄 聞き手:矢野弾   新しい政治、新しい日本への取りくみは、国を動かす   ――この度はおめでとうございます。苦しい三年三ヶ月だ [...]

詳細>>

current201211

2012/11/01

寄稿:止まった日本を動かす。~この国はもっと、ワクワクできる。~

      1.どんな日本と格闘するのか (1)「二つの転換点」に立つ日本  放物線を描く日本の人口。いま「人口の丘」の天辺に立って、初めて歩く人口の下り坂を見通さなければならない。私の祖母が生まれたのは明治4 [...]

詳細>>

karento201209

2012/09/01

寄稿:日本政治の地殻変動を読み解く

.   ■二大政党制の行方 民主党の崩壊、自民党の停滞、第三極の台頭。既成政党から第三極へ主導権が移るのか。二大政党制が維持されるのか、多党分立に向かうのか、それとも、一党支配に回帰するのか。 国民は、既成政党への失望と [...]

詳細>>

karento201207

2012/07/01

寄稿:党首選を政治再生の突破口に!

  寄稿:党首選を政治再生の突破口に!-日本の政治はもっと、ワクワクできる。-   1.党首選は首相候補指名選挙 政治不信が嘆かれて久しくなりました。政治再生には何が必要でしょうか。実は政党 や政治家 [...]

詳細>>

自由民主私の主張.pdf

2012/05/08

寄稿:「自助」と「共助」の社会づくり-新時代づくりに、家族・地域の絆の再生

  ~「自動」と「共助」の社会づくり~ 新時代づくりに、家族・地域の絆の再生    日本は明治維新以来2度に亘って奇跡的な発展を遂げました。欧米諸国に大きな後れをとった状態から、2度とも数十年後には先進諸国の仲 [...]

詳細>>

karento201205

2012/05/01

寄稿:「自助共助」の原点に戻ろう

    ■極端な高齢社会に向かう日本 日本はこれから特別な未来を迎える。戦後日本の発展が急速であったがゆえに、先進国の中でも急速な人口高齢化を迎える。米国の人口学者の言葉を借りると「サイエンスフィクシ [...]

詳細>>

karento201203

2012/03/01

寄稿:「未来先導国家・日本」をつくる

 ●二つの「時代の転換点」に立つ 私の祖母が生まれたのは明治45年、1912年。娘は3歳、寿命まで生きると2094年。その間、日本の人口は5千万人から1億3千万人へ。そして5千万人へ。 前後200年で放物線を描く日本の人 [...]

詳細>>

karento201201

2012/01/01

寄稿:今年は、国家ビジョンで競おう

■いま国家ビジョンを創るとき  いま必要なことは、政治闘争ではなく、多くの人々が賛同できる国家ビジョンを創ることである。この国の再生に残された時間は限られている、次の総選挙は、この国の命運を決める重大な岐路となる。その時 [...]

詳細>>

karento201111

2011/11/01

寄稿:中選挙区制復活で、政治に活力を!

■政権交代から二年。いよいよ中選挙区制の導入を検討する時機がきた。  「民意集約」の小選挙区制、「民意反映」の中選挙区制。時代の方向性が定まらない今だからこそ、多様な意見を反映できる中選挙区制導入が必要だと思う。 それに [...]

詳細>>