プロフィール

【氏名】
越智隆雄(おち たかお) Takao OCHI
【生年月日】
1964(昭和39)年2月27日
【出生地】
東京都世田谷区野沢
【ルーツ】
父:愛媛県 母:群馬県 妻:佐賀県
【血液型】
AB型
【趣味】
アイロンがけ(特にスーツ)、日曜大工、絵画、読書
【スポーツ】
水泳、テニス、スキー、ゴルフ、剣道(3段)
【家族】
妻・娘(2008年生)
【座右の銘】
一身独立シテ一国独立ス
【尊敬する人】
福沢諭吉、福田赳夫
【選挙区】
衆議院東京6区(世田谷区北西部・旧東京3区)
【当選回数】
2回
【所属政党】
自由民主党(清和政策研究会)
【学歴】
1986年3月  慶應義塾大学経済学部 卒業
1991年6月  フランス経済商科大学院大学(経営学)修了
2005年3月  東京大学大学院修士課程(日本政治外交史)修了        2012年12月  東京大学大学院博士課程(日本政治外交史)中途退学

 

【職歴】
1986年 4月  住友銀行(現・三井住友銀行)入行
1999年 7月  住友銀行退職
1999年 8月  衆議院議員私設秘書
1999年10月  国務大臣秘書官
2003年11月  第43回衆議院選挙(東京6区)惜敗
2005年 9月  第44回衆議院選挙(東京6区)初当選
2009年 8月  第45回衆議院選挙(東京6区)惜敗
2012年12月 第46回衆議院選挙(東京6区)当選 2期目
【現職】
自由民主党東京都第六選挙区支部長(2003年7月~)
自由民主党世田谷総支部長(2009年11月~)
社団法人日本の未来研究所理事長(2011年12月~)
自由民主党:行革推進本部事務局次長・中央政治大学院副学院長(2013年1月~)、内閣部会部会長代理・財務金融部会副部会長・農林水産業地域の活力創造本部都連事務局長(2013年10月~)
衆議院:経済産業委員会委員(2013年1月~)、財務金融委員会理事・予算委員会委員(2013年10月~)政治倫理審査会委員(2014年1月~)
内閣:内閣府大臣政務官 消費者及び食品安全 少子化対策・男女共同参画、規制改革、金融庁担当 (2014年9月~)
自由民主党:経済産業部会副部会長(2013年1月~9月)、国会対策副委員長(2012年12月~2014年9月)
衆議院:議員運営委員会委員 議事進行係(2013年1月~9月)

 

 

 

大家族育ちの剣道少年 1964年~1986年

●1964年2月27日(0歳) 世田谷区野沢に生まれる
一卵性双生児の弟として生まれる。両親や祖父母をはじめとする大家族の中で育つ。中学・高校時代は剣道に没頭する一方、スキーやテニスにも熱心なスポーツ少年。

 

●1982年4月(18歳) 慶応義塾大学経済学部へ入学
大学の授業で、資源有限時代の経済危機を問題提起した『成長の限界』(ローマクラブ発行著)を購読し、国際協力や環境問題の重要性に目覚める。大学では国際経済を専攻する一方、実際に東南アジアで農業NGO活動などに参加。(1986年3月卒業)

サラリーマン13年 1986年~1999年

●1986年4月(22歳) 住友銀行(現・三井住友銀行)へ入社
大学卒業後、13年間の銀行マン生活。金融自由化の中で、国際・証券業務など新しいビジネスに挑戦する。一円を稼ぐことの大変さを実感する。最後の役職は大和証券SBCM(住友銀行と大和証券のJV)資本市場第一部次長。

●1989年6月(25歳) フランス・経済商科大学院(ESSEC)へ入学
フランス人らと共に経営学を勉強すると同時に、欧州統合や伝統文化と改革のバランスなど欧州のしたたかさをを学ぶ。欧米などの海外経験通算3年(訪問国31ヶ国)。(1991年6月修了)

 

政治家になる準備 1999年~2005年

●1999年8月(35歳) 衆議院議員秘書・国務大臣秘書官を経験
「政」「官」の現場を体験し、日本の政治行政システムのあまりの非効率さに唖然とする。「小さな政府」を実現し、民間の力が十分に発揮される社会に変えなければ、日本の将来が危ういと実感する。

●2001年1月(36歳) 東京青年会議所世田谷区委員会で地域活動
地域の声を感じたいと思い、東京JCの一員として地域活動に参画。障害者就労支援、地域図書館づくりや地球温暖化対策などさまざまな課題に取り組む。

●2002年4月(38歳) 東京大学大学院修士課程(政治専攻)へ入学
新しい時代の政治のあり方を考えるため、政治外交史、政治制度を徹底的に勉強する。明治維新、戦後大改革に匹敵する改革実現の必要性を確信。( 2005年3月修了)

●2003年11月(39歳) 第43回衆議院議員選挙立候補するが惜敗
「都市生活者の代弁者」を掲げ初挑戦し、78,650票を獲得するも惜敗。投票日翌日から街頭演説に立ち、再挑戦に向け即活動開始。浪人中の1年9ヶ月が「あきらめない気持ち」「胆力」を養った重要な時間となった。

皆さまの代弁者として 2005年~2009年

 ●2005年9月(41歳) 第44回衆議院議員選挙で初当選
136,750票獲得し、小選挙区(東京6区)で初当選を果たす。「官僚主導から真の国民主権の実現」に向けて、郵便局や社会保険庁の民営化、税金無駄使い撲滅プロジェクトなどの行財政改革、政治改革に情熱を燃やす。また、都市の緑を守るプロジェクトや子育て、教育、環境問題など都市生活者の代弁者としての政策にも注力。

●2008年9月(44歳) 議員活動3年
「官僚の壁」、「マスコミの壁」そして「政治の限界」を実感。私たちの生活を守り、日本の未来を築いていくためには、この国の政治行政システムをゼロベースで作り直すしかないと考えるに至る。これまでの衆議院での所属委員会は、外務委員会、財務金融委員会、郵政民営化特別委員会、憲法調査特別委員会、テロ対策特別委員会、政治倫理特別委員会。

 

百年の計を考える 2009~2012年

 ●2011年12月(47歳) 一般社団法人日本の未来研究所設立