2020年10月25日(日)

§

これから一年の、自民党での役職が決まりました
①経済成長戦略本部   副本部長
②デジタル社会推進本部 副本部長
③財政再建推進本部   事務局長
④金融調査会      副会長
引き続き、経済 財政 金融 デジタル化中心に
精一杯取り組んでいきます
先週は、臨時国会も控え、集中的に会議開催
役人からの説明聴取からは
政策の具体的な検討方向性が明らかに
ただ、前向きな取組みbut本気度不明という印象
これまでの副大臣や党部会長の経験から
政治家と役人の発想や物事の捉え方の違いを痛感
政治家の役割は、政治家と役人の総合力を最大化
政治家の立場で積極的に議論に参画していきます
特に気になったことをご紹介します
ちょっとマニアックな話題ですが…
1.政府のデジタル化推進の方向性について
  デジタル社会推進本部でのやりとり
①オンラインとリアル手続きの峻別
 越智:先日、結婚離婚のオンライン化報道
    あるデジタル先進国では結婚離婚は対面
    手続内容毎のオンライン化要否の検討を
    また、判子撤廃=オンラインではない
    その間に対面要否検討を
 政府:以前、全業務オンライン化…反省…
    今般、業務見直し・オンオフ改めて峻別
 →あるべき社会像、アーキテクチュア
  大きな議論から入る時期だと思う
  早く優秀なアーキテクトを迎えたい
②銀行口座マイナンバー付番
 越智:一人一口座付番を進めるだけでなく
    全ての口座付番をすべき
 政府:前者と合わせ、後者も検討していく
    銀行が持っている口座に銀行が付番する
    (???)
 →全口座付番は、デジタル基盤&社会公正性
  一人一口座は、行政サービス向上
  目的も意義も違う
  この際、目の前の課題解決だけでなく
  社会の力を高める根源的な検討を進めたい
③本人確認
 越智:デジタル化を進める上で本人確認重要
    ただ、野放図に多要素認証促進でなく
    暗証番号自体の有意性高める努力も
    暗証番号に本人守秘義務の国もある
    暗証番号は生体認証(記憶)とも
 政府:多要素認証進めたい(???)
 →唯一無二の本人確認の手段をつくるべき
  リアルでは免許証も保険証もマイナカードも
  デジタルで同じことを繰り返さないように
2.政府の成長戦略の検討について
①経済財政諮問会議と成長戦略会議の関係性
  これまで、両会議とも議長は総理
  これから、前者は総理、後者は官房長官
  検討のための議論を重視するとの説明だが…
②成長戦略会議の具体的検討の方法
  これまで、分科会設置しボトムアップも
  これから、分科会設置せず
  機動的に対応とのことだが…
③「Society5.0」の位置づけ
  これまで、経済政策の最上位概念に
  「Society5.0」
  いまのところ、成長戦略会議で位置づけなし
  目指すべき社会像として
  政府は積極的にプロモートしてきたが…
→会議のやり方は、そのときどき
 ただ、これまで社会に働きかけてきたものを
 政権が変わったことで分断するのは慎重に
 これからも関心を持ち、議論していく
この手の話にご関心がある方がいらっしゃれば
今後も積極的に発信していきたいと考えています