2018.09.16
この流れを止めたくない

「この流れを止めたくない」。5年半でGDPは493兆円から552兆円に、その背景で人口減少にも拘らず就業者の数は250万人増加。注目すべきは、…女性が200万人、高齢者も200万人それぞれ増加、そして保育所定員は60万人増加。私たちの暮らし方、日本の社会が大きく変化し始めています。

つぶやき

安倍晋三自民党総裁三選を目指す有志の議員の皆さんとともに、三軒茶屋キャロットタワー前で土曜日夕方、お話させていただきました。ありがとうございました。

この流れを止めたくない

2018.09.15
世田谷八幡宮例大祭

地元の鎮守さま・世田谷八幡の秋まつりに。あすに大祭を控えた神社にご挨拶。大勢のみなさんで賑わっていました。

つぶやき

ツーショットは禰宜の蔵重さんと。

世田谷八幡宮例大祭

2018.09.14
これからの経済動向

9月13日(木)午後、ある都団体の研修会で「これからの経済動向」をテーマに講演。内閣府作成資料“データで見るアベノミクス”(カラー24ページもの)を活用して説明したところ、大変好評をいただいた。数字やグラフは説得力がある。アベノミクスを引き続き推進していく必要性に対する理解が深めていただいたと感じた。
●こちらをクリックすると政府広報オンラインのHPをご覧頂けます。

つぶやき

熱心にありがとうございました。

これからの経済動向

2018.09.12
YSX EXPO 2018

週末はミャンマーへ。9月9日(日)10:00、開設3年目のヤンゴン証券取引所のIRイベント「YSX EXPO 2018」に参加、日本政府を代表してご挨拶。「ミャンマー経済はさらに成長していくと確信している、日本はYSXの発展に向けミャンマーに寄り添う支援を継続・強化させていく」とお話した。
この日は夜まで現地の金融・ビジネス関係者と意見交換計7件、前日夕方入り・翌日早朝出の限られた滞在だったが、中身の濃いミャンマー訪問だった。今回見えた課題や感覚を未来のために活かしていきたい。

つぶやき

お世話になった皆さま心から感謝申し上げます。

YSX EXPO 2018

2018.09.06
夏休みの自由研究

夏休みの自由研究、小学校6年生の彼は、喫煙対策をテーマに選んだ、お父さんにタバコをやめてもらいたいからだ。
そして彼は、「国を動かすには、どうしたらよいか?」と考え、政策提言を作成、国会議員に手紙を書いた。
受動喫煙対策にとどまらず、喫煙者を減らす必要があると具体的な内容。国会議員は彼と直接会って話がしたいと思い、永田町で面会。約一時間、実感のこもった有意義な政策議論。

つぶやき

こんなやりとりがこの国の未来を変えていくと感じる。将太郎さん、希望をくれてありがとう!

夏休みの自由研究

2018.09.04
“おちたかおフォーラム”第65回勉強会

9月4日(火)7:30、ビジネスパーソンのための朝食勉強会「おちたかおフォーラム」。第65回のテーマは「デジタル化最前線と近未来の社会像」。北京・上海・深圳、エストニア・フィンランド、シリコンバレー・ハリウッド、ロンドン・パリ。この一年で世界各地を歩いてきた実感を踏まえ、デジタル化が見据える近未来の社会像について、私から世界観をお話。数百年に一度の”時代の分岐点”、アンテナを高く、感覚を研ぎ澄まして、未来に先回りして対処していくことが大事ですね。

つぶやき

皆さまありがとうございました。

“おちたかおフォーラム”第65回勉強会

2018.09.01
第31回おちたかおと国会に行こう!

夏休み恒例「第31回おちたかおと国会に行こう!」、小中学生のための政治講座と国会探検。

つぶやき

大勢の皆さんにご参加いただきありがとうございました!

第31回おちたかおと国会に行こう!

2018.08.23
三井みほこ世田谷区議会議長の就任披露会

三井みほこ世田谷区議会議長の就任披露会at三軒茶屋キャロットタワー。航空会社でキャビンアテンダントを経験したのち、結婚・子育て、そして40代半ばで決意し区政へ。世田谷区政初の女性議長として時代を切り拓いていってほしい。

つぶやき

活躍を期待しています!

三井みほこ世田谷区議会議長の就任披露会

2018.08.22
時代の潮流:人生100年と破壊的革新

今日のお昼は、「時代の潮流:人生100年と破壊的革新」と題して、東京新都心ロータリークラブで講演・質疑をさせて頂きました。企業経営など最前線でご活躍の皆さまとのやりとりは私にとっても大変よい刺激に。

つぶやき

半場(ごじょう)会長はJC同期で長年の仲、貴重な機会をありがとうございました。

時代の潮流:人生100年と破壊的革新

2018.08.19
シェア電動キックボードinパリ

夏休みを利用して昔住んだパリに。街の佇まいは変わらない、ただここでも、“シェア電動キックボード”を発見。
数ヶ月前に訪れたロサンゼルスでは大流行り、今月初めに訪れたサンフランシスコでは流行りすぎて一時禁止に。スマホアプリとGPSで乗り捨て自由を実現、SFでは夜間充電した人には一定時間無料で利用できる恩典が付与され、利用・決済・充電までが一つのエコシステムを形成しているとの話を聞いた。パリでは“LIME”というブランドで始まったばかりらしい。
“Mobility as a Service”(=MaaS)というコンセプトで、都市交通のあり方について世界各地の都市が知恵を絞り始めた。

つぶやき

どんな工夫をして何を実現していくか、世界の潮流も見極めながら考えていきたい。

シェア電動キックボードinパリ

2018.08.13
夏休みを利用してロンドンへ

夏休みを利用してロンドンに。夕食のレストランまで車を使ってみた。行きはロンドン名物ブラックキャブ、帰りはウーバー。どちらも便利で快適、キャブは街走りのプロで安心、ウーバーはすぐ来てくれて助かった。この街ではタクシーとライドシェアが共存しているのか。月初に訪れたサンフランシスコで聞いた話は、UBERとLYFTが人気で従来のタクシーが激減、出張者のタクシー利用は8%、と。一方NYではタクシー運転手に配慮しライドシェア規制が強化とのニュースも。
ブラックキャブの乗客席に座ると2つのPRボードが目に入ってきた。「ブラックキャブを選んで」、「プロフェッショナルなブラックキャブドライバーを選んで」と。質、信頼とならんで仕事への誇りが謳われていたのが印象的だった。ロンドンではどんな議論になっているのか調べてみよう。

つぶやき

イノベーションが、生活の様々な場面にどのように社会実装されていくのか。そこには様々な摩擦が生じ議論が巻き起こる。世界各国の街々で何が起きどう議論しているのか、理解を深め日本社会の進歩に役立てたい。そのために時間をつくって見て感じて歩く。

夏休みを利用してロンドンへ

2018.08.10
久しぶりの再会

5年前の夏休み、中学3年生で「おちたかおと国会にいこう!」に参加してくれたチヒロちゃん。その後、私の事務所でインターン、いまは米国の某州立大学でジャーナリズムを学ぶ大学2年生。アイルランドでのインターンを終えて日本滞在中に議員会館を訪ねてくれました。医療制度の日米の違いなど、早速政策談義。

つぶやき

これからの活躍が楽しみです。ガンバってください!

久しぶりの再会

2018.07.30
多摩川の整備促進について

多摩川の整備促進について、流域17自治体を代表する世田谷区、あきるの市、川崎市とともに、財務省ならびに国交省に要望。世田谷でも水害は結構起きている。2005年には多摩川の支流・野川が溢れた。

つぶやき

気候変動の影響で豪雨が頻発する時代に入って、治水、防災により一層気を引き締め取り組んでいきたい。

多摩川の整備促進について

2018.07.30
日米経済について意見交換

週明けの朝は、米国で活躍する方々との意見交換からスタート。8時、シリコンバレーで奮闘する日本人30才の若きビジネスマンと朝食ミーティング。新鮮な情報・感覚のシャワーを浴びさせて頂いた。
10時内閣府で、米国大統領経済諮問委員会(CEA)のハセット委員長と面談。先週金曜日にGDP4.1%成長を発表した好調な米国経済の現状ならびにそれを実現した政策を含め、日米経済について意見交換。

つぶやき

経済政策のつくり手として、海外の現場を見ることと同じ様に、来日された方々の経験、感覚や意見を大切にしていきたい。貴重なお話をありがとうございました。

日米経済について意見交換

2018.07.25
スフィーダ世田谷FC

スフィーダ世田谷FC。SFIDAはイタリア語で挑戦。なでしこリーグ2部で現在3位。1部昇格目指して奮闘中。古谷真一郎理事長がわざわざ訪ねてきて下さいました。

つぶやき

一緒に一所懸命応援していきます!

スフィーダ世田谷FC

2018.07.23
通常国会が閉会

昨日で182日間の通常国会が閉会。これからしばらくは、内閣府副大臣の公務とともに、地元世田谷はじめ皆さまの声をじっくり伺い、海外の情勢変化をしっかりアップデートし、そして腰を据えてこの国の経営戦略を考えつくり出す時間にしたい。
今朝は米国人エコノミストとの朝食意見交換からスタート。日本ウォッチャーの見方はなかなか斬新で新たなインスピレーションが湧いてきた。

つぶやき

今日もこれから夜まで打合せや意見交換など11件、全力で取り組んでいきます。

通常国会が閉会

2018.07.21
世田谷夏祭り巡り4

今宵の後半は、大原、代田、そして若林と、環七沿いを南下しながらご挨拶に。

つぶやき

どこも地域の皆さんが一所懸命、夜になって少し暑さが和らぎ大勢の皆さんで盛り上がっていました。

世田谷夏祭り巡り4

2018.07.21
世田谷夏祭り巡り3

世田谷の桜丘の夏祭り。

つぶやき

一緒に神輿をかつぐ横根睦の皆さんと、大きな太鼓が自慢です。

世田谷夏祭り巡り3

2018.07.21
世田谷夏祭り巡り2

世田谷の宇奈根につづいて千歳台の夏祭りに。踊って、話して、飲んで。限られた時間ですが、地域の皆さんの感覚を体に染み込ませていきます。大切な時間です。

つぶやき

皆さま、ありがとうございました!

世田谷夏祭り巡り2

2018.07.21
世田谷夏祭り巡り1

年初に開会した通常国会が昨日で事実上閉会、今日は地元世田谷各地の夏祭りに。消防団の方に「シャツ、同じ青ですね」と声をかけて頂いたので、3人でパチリ。

つぶやき

さまざまなコミュニケーションの中から、皆さんや地域の課題などを伺う貴重な機会でもあります。

世田谷夏祭り巡り1

2018.07.20
“おちたかおフォーラム”第64回勉強会

7月20日(金)7:30、ビジネスパーソンのための朝食勉強会「おちたかおフォーラム」。第64回は「成長戦略2018、去年と何がちがうのか?!」と題して、私から未来投資戦略を深掘りするお話。戦略の具体的内容に加えて、2016年のBREXIT & TRUMPならびに2017年のEV化加速など国際環境の変動と日本の政策づくりに関するモメンタムの変化も含め講演、その後質疑応答。

つぶやき

ビジネス最前線の方々とのコミュニケーションは政策づくりの上で大切な糧です。ありがとうございました。

“おちたかおフォーラム”第64回勉強会

2018.07.15
新盆

今日は新盆。熊本哲之前世田谷区長はじめ、地元世田谷でお世話になった皆さまのお宅に伺い、お線香をあげさせて頂きました。合掌

新盆

2018.07.15
養蜂は都市農業の一つの形

本屋に寄った代官山の朝市で、世田谷産のハチミツを発見。日本ミツバチと西洋ミツバチの2種類。日本は色が濃く、西洋は薄い、どんな違いがあるのだろう。養蜂は世界の都市で盛んになってきた。

つぶやき

都市農業の一つの形として応援していきたい。

養蜂は都市農業の一つの形

2018.07.09
経済再生に向けて

7月9日(月)、今日も朝からずっと政策議論。7:50、都内某ホテルで企業人と少人数で経済政策意見交換。9:30、議員会館内国際会議場で持続可能な金融についてのシンポジウム。10:30、金融庁で英国金融界を代表するロードメイヤー・オブ・ロンドンと面談・意見交換。午後、金融庁で政策打合せ。議員会館で金融実務家、つづいて新聞編集委員と意見交換。16:15〜16:40、官邸で経済財政諮問会議。17:00、議員会館で資料整理など。

つぶやき

経済再生に向けて力のかぎり知恵を絞ります。

経済再生に向けて

2018.07.08
日本経済や成長戦略について

7月6日(金)は、日本経済や成長戦略について語り合い続ける一日となりました。12:00〜13:45、東京商工会議所夏季セミナーで講演40分&討議40分。18:00〜18:40、経済財政諮問会議に担当副大臣として出席。19:00〜22:00、大学同期数十名との勉強会で講演1時間&率直な意見交換約2時間。
私が皆さんといま共有したい感覚は、①アベノミクス5年半の日本社会の変化と到達点に関するフラットな評価、その上で、②この国の中長期的構造的課題を解決する為の巨大な変革の必要性、加えて、③世界の変化の信じられないほどの速さ。
この日も何人かの方々とある部分で感覚を共有できたかな、と感じることができました。そのためにこれからも語り合い続けたいと思っています。

つぶやき

皆さま引き続きよろしくお願いします!

日本経済や成長戦略について

2018.07.04
にいがた物産展

1年半前に大火に見舞われた糸魚川の復興支援等を目的に、自民党本部前で「にいがた物産展」。私の地元世田谷で焼肉屋さんを経営する田畑さんは糸魚川出身、糸魚川市長との一枚です。

つぶやき

かまぼこを買って事務所で頂きました。美味しかった!

にいがた物産展

2018.06.30
星野道夫さんの言葉

何も生み出すことのない、ただ流れてゆく時を、大切にしたい。
慌ただしい、人間の日々の営みと並行して、もう一つの時間が流れていることを、いつも心のどこかで感じていたい。
そんなことを、いつの日か、自分の子供に伝えてゆけるだろうか。

つぶやき

写真家・探検家であり詩人でもあった星野道夫さんの言葉
気になって気になって仕方ない文章なので実は印刷して壁に貼ってあります

2018.06.29
TPP11関連法が可決成立

6月29日(金)、TPP11関連法が可決成立。米国が離脱表明して1年半、一歩一歩進めてここまで来た。写真は、チリのビニャデルマール、米国離脱後初の閣僚会合に大臣代理で出席した時のスナップ。

つぶやき

引き続き経済再生に力を尽くしていく。

TPP11関連法が可決成立

2018.06.28
街の中の畑を守るプロジェクト

世田谷の農家の皆さんが、世田谷産の採れたて野菜を持ってきて下さいました。街の中の畑を守るプロジェクトと題して都市農業振興に取り組んで早いもので10年余り。都市の土地は宅地化するものという従来の考えから、人口減少を見すえ必ずしも宅地化する必要はなく、都市の農業を大切にするとの考えへの価値観の転換でした。

つぶやき

今日も熱いトーク、ありがとうございました!

街の中の畑を守るプロジェクト

2018.06.23
週末の永田町

週末の永田町、今日の午後は頭の整理にあてます。

週末の永田町

2018.06.21
クラウドファンディング

ミュージックセキュリティーズ社の小松真実社長はクラウドファンディングの世界を開拓した人の一人、20代で会社を立ち上げ現在42才。ときどき意見交換、今日の話題はSDGs(持続可能な開発目標)と金融のこと。話していたら、…私の大好きなカフェのひとつ、西麻布の丸山珈琲を小松さんが支援していることが判明。コーヒー豆代金を前払いすることで途上国の生産者の生活の安定に役立つとの仕組み。東京の一杯のコーヒーが遥か彼方のコーヒー生産者の生活と繋がっている、感じ。

つぶやき

時代の変化を感じ取り、未来を語り合う時間はとても貴重です。

クラウドファンディング

2018.06.18
“おちたかおフォーラム”第63回勉強会

ビジネスパーソンのための朝食勉強会「おちたかおフォーラム」。第63回の今回は、私から”骨太方針2018”と”未来投資戦略2018”について。ちょっととっつきにくいテーマだと思ったので、研究者感覚をフル稼働させて8枚もののレジメを用意。早朝から参加いただいた皆さまにもちゃんと伝わった様子、それにレジメも好評で嬉しいかぎり。

つぶやき

皆さまありがとうございました!

“おちたかおフォーラム”第63回勉強会

2018.06.15
経済財政諮問会議・未来投資会議

18:00、経済財政諮問会議・未来投資会議で、「骨太方針2018」と「未来投資戦略2018」を担当副大臣として説明、その後の臨時閣議で決定。

つぶやき

経済成長と財政健全化をともに実現し、成長戦略を力強く推進していく計画、しっかり実現しています。

経済財政諮問会議・未来投資会議

2018.06.10
マレーシアのマハティール首相が来日

あす、マレーシアのマハティール首相が来日予定。私は大学3年の春、日本の国際協力の現場に参画したくマレーシアのコタバルへ、NGO活動に参加しJICAに話を聞きに伺った。その時の首相が同氏。15年ぶりに登板され、ルックイースト政策を掲げる知日派がどんな話をされるか、注目したい。

つぶやき

写真は十数年前にある国際会議で。

マレーシアのマハティール首相が来日

2018.06.08
インフラシステム輸出戦略

6月7日(木)17:10、経協インフラ戦略会議、「インフラシステム輸出戦略」を改訂。受注を2020年に2010年比3倍約30兆円が目標、直近16年21兆円。

つぶやき

今月取りまとめる未来投資戦略に書き込み、政府としてしっかり取り組んでいきたい。

インフラシステム輸出戦略

2018.06.08
ミャンマーの成長を後押し

6月7日(木)10:30、ミャンマーの保険市場の成長を後押しするため、日本の官民が連携して策定した支援計画を、ミャンマー計画財務省マウン・マウン・ウィン副大臣に手交しました。

つぶやき

成長を期待し、しっかり支えていきます。

ミャンマーの成長を後押し

2018.06.06
まち・ひと・しごと創生会議in官邸

6月6日(水)10:40、まち・ひと・しごと創生会議in官邸。九州大学「起業部」のプレゼンを拝聴。昨年6月に創部、今年1月にはAI病理画像診断ソフト会社「メドメイン」が起業第1号に。創部を推進した熊野正樹准教授と医学部4年生の飯塚統代表取締役と。大学の可能性、若者の可能性に期待し、サポートしていきたい。

つぶやき

素晴らしい気づきや刺激をありがとうございました。

まち・ひと・しごと創生会議in官邸

2018.06.06
経済財政諮問会議

6月5日(火)17:15、経済財政諮問会議。今回の議題は2つ、「新たな外国人材の受入れ」と「骨太方針2018原案」。

つぶやき

成長戦略とともに、今月中旬の取りまとめに向けて議論を深めていきます。

経済財政諮問会議

2018.06.04
未来投資会議

6月4日(月)16:05、未来投資会議。成長戦略の素案が提示され、安倍総理から、経済社会システムの大改革に挑戦する野心的な新しい成長戦略の取りまとめの指示がでました。

つぶやき

いよいよ大詰めです。

未来投資会議

2018.05.30
一億総活躍プラン

5月30日(水)16:45、2年前に策定した安倍政権の基幹政策「一億総活躍プラン」のフォローアップ会合。締めくくりには総理から、働き方改革の推進、外国人材登用検討等について発言あり。

つぶやき

しっかり進めていきます。

一億総活躍プラン

2018.05.30
一年間の振り返り

これまで一年間の政策議論を振り返り、取りまとめに向け神経を研ぎ澄ます。

一年間の振り返り

2018.05.30
国と地方の協議の場in官邸

5月28日(火)17:00、国と地方の協議の場in官邸。骨太方針の策定に向けて、知事会長はじめ地方6団体からご意見を伺いました。

つぶやき

私は経済財政政策担当大臣の代理人として出席。

国と地方の協議の場in官邸

2018.05.29
意見交換会

5月29日(火)8:00、米国議会スタッフ6名と与野党国会議員で意見交換。米議会では議員スタッフ(秘書)の数がすごい、上院(参議院)で1議員40名程度、下院(衆議院)で1議員15名程度。

つぶやき

政治の仕組みが違うとはいえ、人材の厚みを感じる。

意見交換会

2018.05.29
経済財政諮問会議

5月28日(月)18:20、官邸で経済財政諮問会議、担当副大臣としてバックベンチに。

つぶやき

骨太方針2018の議論が始まりました。

経済財政諮問会議

2018.05.27
世田谷巡り

今日は終日地元世田谷を巡っています。成城消防団、世田谷消防団の行事など。

つぶやき

環七沿いで途中で立ち寄った代田八幡さまの境内、新緑に覆われて、道路や都会の喧騒を感じさせない穏やかな時間が流れていました。

世田谷巡り

2018.05.26
おちたかお 活動報告と懇談の会in千歳烏山

5月26日(土)10:00、おちたかお活動報告と懇談の会in成城、世田谷各地全4回シリーズの最終回。「これからの日本と世界と、世田谷と」と題して、私からお話45分、続いて質疑40分。キャッシュレス化など世界で進むデジタル化の話に、皆さん強い関心を示され熱いディスカッションに。

つぶやき

ご参加ありがとうございました。また秋に開催します!

おちたかお 活動報告と懇談の会in千歳烏山

2018.05.24
これからの日本と世界と

5月23日(水)18:30、東京世田谷ライオンズクラブでメンバースピーチ。「これからの日本と世界と」と題して、国の経営をする中で、私がいま何と戦っているのか、お話しました。
①人口減少・少子高齢化
②相対的小国化
③デジタル化
④価値観転換

つぶやき

本当に熱心に聞いて下さり色々と質問も頂戴して、何かを共有して頂けたと手応えを感じ嬉しかったです。皆さん、日本の未来についてまた意見交換させて下さい。ありがとうございました!

これからの日本と世界と

2018.05.22
アクリル樹脂パネルメーカーの「日プラ」

5月21日(月)15:30、四国・高松出張の後半は、アクリル樹脂パネルメーカーの「日プラ」さんに。沖縄美ら海水族館の巨大水槽など、独自の技術で水族館のあり方を変えた会社、世界シェアは70%。創業者の敷山哲洋社長は85才、子ども達の教育に水族館が果たす大切な役割について熱い思いを伺った。最近は水族館に展示する海洋動物の確保が課題と。

つぶやき

地域から圧倒的なエネルギーを発する経営者の力や日本の未来に対する情熱を、カタチにしていく、より大きなものに。努力しよう。ありがとうございました。

アクリル樹脂パネルメーカーの「日プラ」

2018.05.22
車座ふるさとトークin高松

5月21日(月)日帰り出張で香川県高松市へ。浜田知事と面談し、山岸財務局長と四国経済につき意見交換ののち、13:00から「車座ふるさとトークin高松」。地域金融機関にもとめられる役割をテーマに、地元から参加して下さった14名と、ザックバランに1時間半侃侃諤諤。10代の学生さんから60代企業経営者、70代主婦など、さまざまな年代、職業の皆さんからの意見は率直でずばり。
選ばれる金融機関になるために、サービス産業の担い手として、どこまで自己変革を実践できるか。プロダクトアウトからマーケットインに、意識改革が実現できるか。

つぶやき

あらためて、時代が日本の金融機関に問うてるテーマについて認識を新たにする瞬間でした。皆さまありがとうございました。

車座ふるさとトークin高松

2018.05.14
“おちたかおフォーラム”第62回勉強会

ビジネスパーソンのための朝食勉強会「おちたかおフォーラム」。62回目の今回は、私から”日本の相対的小国化”について。ちょっと聞きなれない言葉だと思いますが、人口や経済規模のシェア低下に伴って、どんな課題が生じるか考えて対処しようという話。この数年考えてきた問題意識と検討の方向性について約1時間で説明させて頂きました。

つぶやき

熱心に聞いて頂き、また建設的な質疑をありがとうございました。

“おちたかおフォーラム”第62回勉強会

2018.05.10
日中平和友好条約締結40周年記念レセプション

5月10日(木)12:00、日中平和友好条約締結40周年記念レセプションに出席。安倍総理は「日中は競争から協調の新しい時代に入った」と話されました。

つぶやき

祖父の時代に築かれた関係がますます深まりwin-winの形で発展するよう力を尽くそう。

日中平和友好条約締結40周年記念レセプション

2018.05.07
米国西海岸訪問

5月1日(火)12:30、ビバリーヒルズで開催されたミルケンコンファレンスでのジャパンパネルを終え、Sony Pictures Entertainment Studioを訪問。
世界のデジタル化の最前線を確認しに年末に訪れた中国では”デジタル化×日常生活”、年始訪れたエストニアでは”デジタル化×行政サービス”、そしてここハリウッドでは”デジタル化×エンタメ”を感じ取った。
ソニー元来の機材技術も加わり可能性は無限大。昨年公開された「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」はすでに興行収入1000億円超!

つぶやき

日本の成長戦略にも貴重な示唆を沢山頂いた。お忙しい中を御案内ありがとうございました。

米国西海岸訪問

2018.05.07
ぜひご覧ください

ミルケン・グローバル・コンファレンスin LAのビデオ映像が公開されました。”Japan’s Economy, Jump Started”と題して、企業統治、観光産業、政権運営、人口問題、日中関係、金融政策、起業家マインドについて、日本人5人と中国人がすべて英語でリズムよく語っています。
●こちらをクリックするとYoutubeから動画をご覧頂けます。

つぶやき

お時間があればぜひ覗いてみてください!主に米国投資家を対象にしたものですが、結構わかりやすくエッセンスが凝縮されています。

ぜひご覧ください

2018.05.04
ウーバーを体験

ロサンゼルスとシリコンバレーで2日間を過ごし、抱えきれないほどの刺激を受けて、これから帰国します。最後の体験はウーバー、宿泊先のモーテルに2分で配車、13ドルでした。

つぶやき

お世話になった皆さまに心から感謝です。

ウーバーを体験

2018.05.03
ミルケン・グローバルコンファレンスにて

大和総研チーフエコノミストの熊谷亮丸さんとは、最近よくご一緒させて頂きます。

つぶやき

いつも貴重な意見をありがとうございます!今回はロスのミルケン・グローバルコンファレンスで。

ミルケン・グローバルコンファレンスにて

2018.05.02
ぜひご覧ください

今朝参加した米国ミルケン・コンファレンスの日本経済セッションについて紹介されました。
●こちらをクリックすると産経ニュースのHPをご覧頂けます。

ぜひご覧ください

2018.05.02
ミルケン・グローバルコンファレンス

昨晩からロサンゼルスに。5月1日(火)8:15、米国版ダボス会議と言われる“ミルケン・グローバルコンファレンス”で、日本経済のセッションに登壇。労働市場、金融政策、IRから日中経済関係まで、米国投資家らの関心事について、政策担当者として一所懸命説明しました。実は人生初めての英語オンリーのパネル、いずれMILKENのHPに掲載されますので、ぜひ見てみて下さい。

つぶやき

田村耕太郎さん、見事なモデレートありがとうございました。

ミルケン・グローバルコンファレンス

2018.04.27
日銀金融政策決定会合

4月27日(金)9:00〜12:03、日銀金融政策決定会合。内閣府副大臣として1ヶ月半に一度出席しています。

つぶやき

再任された黒田総裁、新任の雨宮・若田部両副総裁と。

日銀金融政策決定会合

2018.04.24
ユマニチュード

あっ、日経にでてるっ!最近注目している認知症ケアのやり方のひとつ、「ユマニチュード」。

つぶやき

自立支援型介護や介護士不足などの視点からも興味深い。(4月23日朝刊15ページ)

ユマニチュード

2018.04.22
おちたかお 活動報告と懇談の会in千歳烏山

4月22日(日)10:00、「おちたかお 活動報告と懇談の会」第3弾、昨日の三軒茶屋に続いて今朝は烏山で。前半は私のプレゼン、後半はディスカッション、濃密は1時間半でした。

つぶやき

ありがとうございました!

おちたかお 活動報告と懇談の会in千歳烏山

2018.04.21
おちたかお 活動報告と懇談の会in三軒茶屋

4月21日(土)13:30、「おちたかお活動報告と懇談の会」in三軒茶屋。

つぶやき

今日も沢山の意見や質問を頂き盛り上がりました、ありがとうございました。

おちたかお 活動報告と懇談の会in三軒茶屋

2018.04.20
ブロックチェーンの技術開発コンテスト“ハッカソン”

4月20日(金)13:30、ブロックチェーンの技術開発コンテスト“ハッカソン”にお招き頂きご挨拶。120人の開発者が集まり丸2日かけて技術を競う。参加者の半分は中国等の外国人、日米中の同時通訳付、グリーンが沢山の会場が印象に。

つぶやき

ブロックチェーンならびにフィンテックに関する日本の取組みと、この技術の発展に対する期待をお話させて頂きました。

ブロックチェーンの技術開発コンテスト“ハッカソン”

2018.04.19
人生100年時代構想会議

4月19日(木)17:15、人生100年時代構想会議にイギリスから参加して頂いているリンダ・グラットン議員と少人数で意見交換の会。
グラットン女史はベストセラー「ライフシフト」の著者、学習→仕事→引退という三分割の人生設計から脱し、仕事と学習とボランティアなど様々な活動を織り交ぜた人生設計にすすむことを提唱されています。

つぶやき

この日は約1時間、林文科大臣、加藤厚労大臣とともに沢山の示唆を頂きました。ありがとうございました。

人生100年時代構想会議

2018.04.16
第4回日中ハイレベル経済対話

10:00、第4回日中ハイレベル経済対話at外務省飯倉公館。日本側は河野外相、中国側は王毅外交部長ヘッドの閣僚級会議。2007年12月にスタート、2010年8月の第3回以来8年ぶりの開催、私は金融担当副大臣として参加。日中平和友好条約締結40周年の今年は日中関係にとって節目の年に。

つぶやき

祖父が結んだ条約を礎に、いまの時代に相応しい関係をつくりあげていくこと。しっかりと取り組んでいきたい。

第4回日中ハイレベル経済対話

2018.04.16
“おちたかおフォーラム”第61回勉強会

ビジネスパーソンのための朝食勉強会「おちたかおフォーラム」。民間企業出身の議員として、日々ビジネスに取り組まれている方々に、政治や政策づくりの動きを、わかりやすい言葉で可能な限りロジカルに説明させて頂く機会をつくりたい。そんな思いで始めた活動ですが、61回目、丸12年に。皆さま本当にありがとうございます!
今回は日本総研チェアマンエメリタスの高橋進先生を講師にお迎えし「今後の内外経済と経済政策の展望」について議論させていただきました。先生のシュアな話の内容に改めて敬意の念を覚えました。

つぶやき

5月と6月は私が話します。テーマとしては”相対的小国化”と”骨太方針・成長戦略2018”を予定、詳細は後日HPに。乞うご期待!

“おちたかおフォーラム”第61回勉強会

2018.04.15
おちたかお 活動報告と懇談の会in下北沢

話のテーマは「これからの世界と日本と世田谷と」、政策家としての本音トーク。問題意識は、①日本自体の課題”人口減少少子高齢化” ②外国との関係での課題”相対的小国化” ③世界の大きなうねり”デジタル化”。中国・エストニア出張で感じた世界の動きも踏まえ、私たちひとり一人がいかに生きるかちょっと立ち止まって考える機会になればとお話させて頂きました。

つぶやき

結構好評を頂きました、ありがとうございました!

おちたかお 活動報告と懇談の会in下北沢

2018.03.25
お花見

おかげさまで、2人合わせて108才。

つぶやき

双子の兄らと東京の春を身体中で満喫。

お花見

2018.03.20
これからの日本と商店街

地元世田谷の砧・烏山地域の商店街青年部の皆さんと勉強会、テーマは「これからの日本と商店街」。人口減少、少子化対策、高齢化、国際化、デジタル化が進む中で、商店街が担うべき役割は何か、という設定。

つぶやき

夜9時から、お仕事終えての遅い時間帯でしたが、皆さんとっても熱心で盛り上がりました。ありがとうございました!

これからの日本と商店街

2018.03.17
デジタライゼーションの急速な進展

原宿の交差点から青山通りまで、表参道に大行列!大半が10代女性。理由は、LINE FRIENDS STORE in 原宿のリニューアルオープン。
デジタライゼーションの急速な進展、デジタルとリアルの相互通行、プラットフォームづくりの競争…時代の大きな地殻変動の一端がここにも。

つぶやき

この国が時代に取り残されないように、時代を引っ張っていけるように、力を尽くさなきゃ。

デジタライゼーションの急速な進展

2018.03.16
日仏友好議員連盟の年次総会

日仏友好議員連盟の年次総会。今年は日仏交流160年、パリでは今春から来年にかけて大規模複合型文化芸術イベント「Japonismes 2018」が開催されます。フランス留学時代の同級生ルセックさんが昨夏から駐日公使に、旧交を温める機会にも。

つぶやき

文化にかぎらず、経済、安保など多面的に関係を深めていく時期です。

日仏友好議員連盟の年次総会

2018.03.01
国会トークフロントライン

TBS-CS「国会トークフロントライン」の収録。私の持論である”相対的小国化対応”について興味を持って頂き、キャスターの川戸恵子さんにお招き頂きました。
〈放送〉TBS-CS
3月2日(金)15:30〜16:00と23:00〜23:30
3月3日(土)09:30〜10:00
3月4日(日)00:30〜01:00

つぶやき

28分間のガチンコトーク、消費税引上げ後・オリパラ後を見据えた経済財政政策やデジタル化最前線である中国・エストニア出張報告も含めお話させて頂きました。

国会トークフロントライン

2018.02.27
54回目の誕生日

お蔭さまで54回目の誕生日を迎えることができました。歳を重ねるごとに、誕生日は祝う日というより、お世話になった方々に感謝する日だという思いが強くなります。皆さま本当にありがとうございます。そんな思いを胸にこれからも精一杯自分らしく頑張ります。

つぶやき

引き続きよろしくお願いいたします!

54回目の誕生日

2018.02.26
“おちたかおフォーラム”第60回勉強会

朝、私が主宰する“おちたかおフォーラム”の第60回勉強会。「デジタル化×グローバル化=これからの世界」と題して、中国・エストニア出張報告を兼ねて、約1時間講演しました。問題意識は二つ、➀今起こっている破壊的革新は時代の大きな分岐点か?、②そしてもしそうだとしたら日本の取り得る方策は?。終了後、「未来を考えるきかっけになった」とコメントを頂き、お話してよかったと率直に嬉しく思いました。永田町の息吹ならびに私の考えを率直にお伝えするこの会は、お蔭様で丸12年、毎回大勢の皆様にご参加頂いています。

つぶやき

心から感謝です。

“おちたかおフォーラム”第60回勉強会

2018.02.25
2月の振り返り

2月は情報発信の機会を沢山いただきました、主に経済関係で。機会を下さった方々に心から感謝申し上げます。
2月1日(木)夜、BSフジのプライムニュースで「黒字化延期と財政再建」をテーマに生放送に2時間。反町キャスターを中心に喧々諤々の討論、経済再生担当副大臣として参加。お相手は増税派研究者の森信茂樹氏とリフレ派経済学者の野口旭氏、私からは夏に向けて財政健全化の具体策を策定する旨説明しました。
2月5日(月)夜、世田谷の税理士の皆さんに、「税制改正を受けて、今後の日本の税について」と題して、平成30年度税制改正の政策的意義について約1時間講演、その後意見交換。税の最前線で活動されている先生方との意見交換は貴重なインプット、定期的に機会を頂いています。
2月6日(火)夜、東大の近未来金融システム創造プロジェクトで15回シリーズの締め括りパネル「近未来の金融システム」に参加。モデレーターは最先端で金融ビジネスを実践するナウキャスト会長の赤井厚雄氏。慶大の斎藤賢爾氏と阪大の安田洋祐准教授という気鋭の若手学者と、数十年後を見据えた議論を1時間半、かなり刺激的でした。
2月12日(祝・月)朝、政策会議G1サミットで「仮想通貨とICO」をテーマとした分科会にパネリストとして参加。岩下直行京大教授、増島雅和弁護士ならびに辻庸介マネーフォワード社長と登壇、日本におけるフィンテック最先端で活躍の皆さんと議論を1時間、イノベーション推進と利用者保護の両立の大切さをお話しました。
2月20日(火)昼、国会議員同士の勉強会で「デジタリゼーション最前線を歩いて」をテーマに、年末年始の中国ならびにエストニア出張報告、ならびにデジタル化が急速に進む世界にあって日本がとるべき方策について講演。急激な競争環境の変化を皆で共有できたことは貴重なことだと感じました。
2月20日(火)午後、CESS働き方改革実現会議2018のパネルディスカッション、テーマは「経営の構造改革による生産性革命」。オリックスシニアチェアマンの宮内義彦氏、プロ野球機構コミッショナーの斉藤淳氏ら大先輩と経済再生担当副大臣として参加、モデレーターは竹中平蔵氏。宮内さんの「アニマルスピリットが大切」とのコメントが印象に残りました。
また、2月15日(木)には、都内某小学校6年生120名を議員会館の会議場に迎えて、約1時間の授業。後日頂いた感想文を拝読すると、その後の国会見学を含めて沢山の刺激を体中で感じてくれた様子、本当に嬉しかったです。子ども達のための政治講座はライフワーク、この国の未来のために、政治リテラシー向上の取組みを地道に続けていきます。

つぶやき

情報発信は私の本業、これからも精一杯取り組んでいきます!

2月の振り返り

2018.02.22
あなたの成長意欲を刺激するキッカケマガジン

“あなたの成長意欲を刺激するキッカケマガジン”金融庁の庁内誌「FSA Future」2月号。若手2年目の女性編集長がインタビューをしてくださいました。

FSA Future Vol.4「チームFSA」2018年2月号

緊急特別企画:ロングインタビュー敢行

「仕事も、遊びも、バランスを。」
 越智 隆雄〔内閣府副大臣(金融担当)〕

『変化の20年 』

-越智さんは13年ほど銀行員を経験されていますが、銀行員時代と、政務として日々金融庁職員と接して いる現在を比較して、どのように金融 庁のイメージが変わりましたか。

まず、時代が違う。僕が銀行員として勤務していた80~90年代、金融とは完全な規制業種でした。当時の規制官庁であった大蔵省が、90年の バブル崩壊後、不良債権問題をどのように処理するかを頑張っていて、厳しい役所だ、というイメージ。一方で、2014年の9月から政務官と副大臣を3期やらせて頂いて感じるのは、金融自由化以降20年が経過し、まさに金融処分庁から金融育成庁へ、金融をどう育成するか、金融をツールとして経済をどのように成長させるかに取組んでいるということです。そのため、厳しい役所から、イノベーティブで前向きな役所へと、イメージが非常に変わりました。

-そうしたポジティブな印象は、 日々職員と接する中で感じるところ はありますか。

金融はあらゆる産業の中でおそらく最も変化がスピーディで、地理的な要因もあまり影響がなく、グローバル に変化が伝播していく業種です。そういうことを日々、職員の方々も気にしていて、これから日本の金融はどのように動いていくのかについて、一生懸命考えようとしているため、イノベーティブな雰囲気がこの役所の中に充満していると感じます。

『レギュレーションと イノベーション』

―金融庁職員にもっと伸ばして欲し いと思うことは、具体的にどういったも のでしょうか。

今まさに頑張っていると思います。 枠組みから話します。生活している中で新しい価値観を提示し、人々が「いいな」と思えば買ったり使ったりしていくvalue creator、その対極にあるのが、管理し問題の発生を防ぐregulator(=金融庁)。その間に居るのが僕ら政治家で、その定義はvalue setterとlaw maker。 僕らはvalue setterとして、あるべき社会像や必要なルール、といった価値観をセットし つつ、regulatorと共に、その価値観を文章にしてルール(=法律)に落とし込みます。以上を踏まえると、金融庁は、regulation、金融規制庁、金融処分庁であったところが今、金融育成庁として、一番対極にあるinnovationのことも理解しつつ、規制しているということに大きな価値があって、よくここまで変わったなと思うくらい、難しい仕事をしていると思います。なので、regulationとinnovationのよりよいバランスの取り方こそが、金融庁職員一人ひとりに求められる技、磨かなくてはならない技じゃないかなと。

『そこの障子を開けてみよ、 外は広いぞ』

-越智さんのような大局的な視点 やものの見方は、日々どのように 心掛けたり努力したりしていけば、養っていけるのでしょうか?

僕がやっていることは、現場に行く ということ。人と話すときは、一喋って九訊く、聞いたもん勝ちです。自分が見ていないものでも、相手のフィルターを通じて、教えてもらえるわけでしょ。

最近、凄く気に入った言葉は、トヨタの創始者の豊田佐吉さんの「そこの障子を開けてみよ。外は広いぞ」です。明治時代の人だから、海外のことを色々知って「自分が持っている価値観だけじゃなくて、色んな価値観があるんだ」と感じたんでしょうね。

僕はこれまで約40カ国に足を運び、様々な生活の仕方を見てきたけど、「色んな生活の仕方の中で日本の生活はどうなのか」と、常に、自分が今やっていることや、今いる場所を、相対的に評価しています。

例えば昨年末の中国訪問で感じたのは、中国人は皆スマホ決済をしているけど、その背景にあるのは、「お札は偽札が沢山流通しているから、キャッシュは受け取りたくない。」という価値観。他方日本は偽札がほとんどないから受取る。これも、お札に対する価値観の違いですよね。また、1月に訪問したエストニアは、キャッシュレスの社会になっていました。デジタル化が進んでいる根底には「隣の国からいつかまた攻められる かもしれない」という危機意識があり、 そうした場合にリアルなものは取られてしまうので、データ化して、自分の国以外にデータセンターがあれば、いくらリアルなものが剥奪されても自分の国は生き残れる、という価値観なんです。

『「遊び」のススメ』

一言で言うと、いっぱい遊んだ方がいい。色んな人と。遊びというのはルールがないので、仕事より遊びの方が人間力が養われるし、その中で色んな人のことを知っていくといいんじゃないですか。

僕の場合、普通に食事に行ったり、皆がカッコイイと思っている場所とか、お店とか、今流行っているところに行くことは好きですよ。ある一定量の人たちが関心を持っているところによく出掛けます。

『型にはまるな!』

-最後に、若手職員へのメッセージ をお願いいたします。

何しろ外を見て欲しいです。実際 行って欲しいし、外の人と喋って欲し いですね。

何故なら、現在の日本の人口は、 何も政策を打たない場合、2100年に は5000万人までに減ると予想されていて、それに伴い、日本経済の大きさ、世界におけるGDPシェアは小さくなる。そういう意味では外国人や外国の経済と、上手く付き合いながら 日本の社会を豊かにしていくことが、新たな課題、新たな命題としてもっともっと重大になってくる。ぜひ「そこの障子を開けてみよ。外は広いぞ」というのを若手の皆さんには言っておきたいですね。

もうひとつ言うとすれば、ワークライフバランスをしっかり保って、仕事・学び・家庭生活・冒険と、色々織り交ぜた人生を自分なりに形作っていく時代になると思うので、あんまり自分を型にはめない方が良い。政策としては、労働市場が分厚くなって、転職の機会が充分に確保できるような社会にしたいです。

人生100年時代という構想も出来ていて、必ずしも1つの組織に勤めきるのではなく、仕事を変えつつ、なる べく自分の健康を維持して、働けるところまで働く。その間、学んだり、冒険したり、そういう時代になると思っているので、そういう心持でいたら良いんじゃないでしょうか。

【越智 隆雄 × 仕事道具 = 「手帳」(issue×mystery)】

銀行を退職されて以降、手帳を付けるのが日課。その際、問題(=issue)と 神秘(=mystery)を分けるのが越智さん流。issueとは予見可能で解決できる問題を指し、mysteryとは予測不可能なこと。具体的には、過去やったことは詳細にメモに起こし、思い出す手間を無くしたり、予定や準備時間を割振って手帳に記入することにより、予見可能なもの(=issue)を準備し、それ以外のこと (=mystery)を楽しむとのこと。手帳含め、お財布や携帯電話等の最低限の活動のための15の道具(=issue)を持っているか、1日10回くらい確認するそうです。 「mysteryが多いほど不安だが楽しい。2月はシンポジウムや国会答弁が立込むからmysteryだらけだ」と笑顔で語る越智さん、とても素敵でした。

つぶやき

率直にお話しました、いつもこんなことを考えています。ぜひご一読ください。

あなたの成長意欲を刺激するキッカケマガジン

2018.02.18
国会開会から4週間目

国会対応が本格化する一方で、政策づくりにも全力投球。一週間の活動を振り返ってみます。
2月12日(月)は、沖縄で開催された政策シンポジウムにパネリストとして参加、仮想通貨やICOなど金融の最前線の課題について議論。2月6日(火)には東大で開催された“近未来金融システム創造プロジェクト”にもパネリストとして参加、最近金融に対する関心が高まっている、様々な議論を経験させて頂きありがたい、経済の成長と生活の安定や豊かさを実現する金融をつくっていきたいと思っています。
2月13日(火)午前、未来投資会議の構造改革徹底推進会合の「地域経済・インフラ」会合の農林水産業第6回。6月の成長戦略の策定に向けて、前年秋から約9か月間かけてかなり細かく50回位に亘ってヒアリングを開催、今回は「農林水産分野のSociety5.0の実現について」、日本で最先端の取組を実践している企業や研究者の方々から、日商の三村会頭ら有識者の皆さまとともに意見を伺い議論させて頂きました。私は担当副大臣として毎回出席、日本の“際”、現在の最前線(=限界)を考える上で極めて貴重な機会です。
2月13日(火)、午後から衆議院本会議、税制改正に関する法案について麻生財務大臣から趣旨説明があり、その後与野党代表からの質疑、所要約2時間半。4年前の2月14日、私がこの法案の代表質問に立ちました、その時を思い出しながら質疑に耳を傾けました。15日(木)には地方税法に関する本会議質疑、所要約2時間。
2月14日(水)昼、衆議院財務金融委員会が今期初開催、麻生財務・金融担当大臣としての所信表明演説、所要約10分。これに続いて16日(金)午前9時から同委員会において大臣所信に対する質疑、所要5時間。私は麻生大臣・黒田日銀総裁らと並んで出席し、金融分野ならびに経済政策に関する質問に対して答弁。同日午前中に日銀の総裁・副総裁人事案が政府から国会に提示されたためマスコミ多数。ちなみに、今回の答弁の要否が確定したのは前日夕方、答弁レク(=答弁案の打合せ)は同日朝8時台に実施。私は朝7時過ぎには永田町入り。国会開会中は日程が定まらない日々が続きます。
2月15日(木)午前中、都内某私立小学校6年生120名が議員会館に来訪、私から国際会議場で「小学生のための政治講座」約1時間。私は政治リテラシー向上がとても大切だと考え、これまでも小中学生や大学生向けに政治講座を数十回実施。昨年夏「おちたかおと国会に行こう!」に親子で参加された方から、同じ授業を学校の皆にもやってほしいと要望があり、今回実現。目をキラキラ輝かせて聞いてくれてありがとう!実は先月も某小学校6年生140名に授業と国会見学、公務の日程を縫って一所懸命引き続き取り組みます。
2月15日(木)夕刻には、官邸で生産性向上国民運動推進協会、経済再生担当副大臣として出席。
加えて、GDP4半期速報発表、種々の政策議論など、また、地元世田谷から選挙制度等政治改革を検討しているグループの方々が議員会館を訪ねて下さりました。
それに、講演などの情報発信活動の準備がピーク。来週から再来週にかけて、“社会的インパクト投資”、“デジタリゼーション”、“生産性向上”ならびに“相対的小国化対応”に関連したプレゼンなどが待ち受けています。しっかり頭を整理して、分かり易く発信していきたいと考えています。

つぶやき

あっという間の一週間が過ぎました。寒い日が続きますね。お身体にお気を付けください。

2018.02.07
インフィオラータってご存知ですか?

みなさん、インフィオラータってご存知ですか?花びらを地面に敷き詰めて創るアート。昨日、第一人者の藤川靖彦さんが事務所に寄って下さり、オリンピックの聖火ランナーの通る道を花で彩りたい、と夢を語って下さいました。

つぶやき

神宮外苑のいちょう並木にお花が敷き詰められた姿、想像するだけでワクワクしますね!

インフィオラータってご存知ですか?

2018.02.07
近未来の金融システムとは?

昨晩は、久々に東大の本郷キャンパスに。「近未来の金融システムとは?」がテーマ、パネリストとして参加しました。近未来金融システム創造プログラム15回シリーズの最終回総括討議90分。モデレーターのフィンテック経営者・赤井厚雄さんを中心に、ブロックチェーン専門家・斎藤賢爾さんと若手経済学者の安田洋祐さんと。キャッシュレス、仮想通貨、アンバンドリング・リバンドリング、高齢化、AI、リテラシー、究極には金融はなくなるか?!など。金融をとりまく議論の”際”について侃侃諤諤。

つぶやき

大変勉強になりました、お誘い頂いた主催者の赤井さんに心から感謝します!

近未来の金融システムとは?

2018.02.02
BSフジ・プライムニュース

昨晩、BSフジ・プライムニュースに出演させていただきました。番組サイトに動画がアップされましたので、ぜひご覧ください!
『黒字化延期と財政再建 成長か?消費増税か? 日本の選択肢とリスク』
内閣府は、1月23日の経済財政諮問会議で、基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化が従来試算の2025年から2年ずれこむとの試算を発表した。経済財政のスペシャリストたちを迎え、財政再建の道筋などについて考える。
・ゲスト
越智隆雄 内閣府副大臣(経済財政担当)
森信茂樹 東京財団上席研究員
野口旭 専修大学経済学部教授
●こちらをクリックするとBSフジ・プライムニュースのHPをご覧頂けます。

つぶやき

突っ込み鋭い反町キャスターを中心に、約2時間の生番組。経済財政の政策担当者として一所懸命お話してきました。ぜひご覧ください。

BSフジ・プライムニュース

2018.01.24
いよいよ国会が始まりました

1月22日(月)から150日間の通常国会です。この一週間は国会対応を中心に展開しましたが、細かく振り返ってみます。
開会日22日(月)の朝7時半からは、おちたかおフォーラム朝食勉強会、初当選から浪人中も含め12年間続けているビジネスマン向けの勉強会で今回は59回目、私が率直にそしてリアルに政治と政策の動きを1時間でコンパクトに語り質疑応答する会です。テーマは「2018年の展望:人づくり・生産性革命と総裁選」、政策と政治を絡めてお話しするのが特徴です。勉強会後は手伝ってくれた学生やボランティアスタッフとしばし懇談、この時間は感覚をアップデートする上で大切な時間です。
22日(月)、1ヶ月半ぶりに国会開会、12時に衆議院本会議場に参集し、午後から安倍総理の施政方針演説。働き方改革や人づくり革命・生産性革命などアベノミクスの推進に欠かざるべき重要政策が語られました。それを受けて24日(水)と25日(木)にそれぞれ3時間強、本会議場で各党からの代表質問と総理らの答弁、そして参院も同様の本会議が終わった26日金曜日夕方に、衆参両院の予算委員会がスタート、私は経済財政政策担当副大臣として経済見通しにつき発言、来週から衆議院予算委員会が本格稼働です。
23日(火)は日銀金融政策決定会合、経済財政政策担当副大臣として財務副大臣と共に政府を代表して出席、3か月に2回、朝9時から昼前後まで約3時間の議論を経てその時々の金融政策が決められます。今回は前日から大雪が大きな課題に、出席者11名ならびに事務局の方々の多くは近所のホテルに宿泊。無事に開催されました。
23日(火)午後は、官邸で経済財政諮問会議、経済財政政策担当副大臣として出席、安倍総理を中心に、榊原経団連会長、高橋日本総研理事長、伊藤元重教授らが、今年前半の議論すべき課題ならびに日本の経済財政の中長期的な見通しについて議論。この会議で毎年6月に向けて所謂「骨太方針」が作られます。
23日(火)にTPPが大きく進展。東京で開催された主席交渉官会合で11ヶ国が3月8日にチリで署名式を開催することで一致。昨年1月23日の米国離脱表明後、累次の交渉を経て合意に至ったもの。TPP担当副大臣として昨年3月のチリでの閣僚会合には大臣の代理で出席しました。その後26日(金)に、ダボス会議で米国トランプ大統領が突如TPP復帰を検討と発言。TPP11を着実に進めつつ、米国の動向も注視します。
26日(金)朝は、外国企業の日本拠点代表らにプレゼン、テーマは「Economic Overview and Policy Evolution of Abenomics」、最初は英語で途中から力尽きて通訳さんの力を借りて、世界で一番ビジネスのしやすい日本を目指して…グローバル人材やデジタリゼーションの議論に。
26日(金)夕刻には、官邸で統計改革推進会議、担当副大臣として出席。GDP統計の精度向上の取組などについて議論。
加えて、外国人土地取得に関する現状と対応、中小企業に対する財務戦略支援策、仮想通貨の現状と対応、法人設立手続きの見直し、民泊の条例制定、幼児教育無償化の範囲検討などの政策議論、また、地元世田谷から千歳船橋商店街の皆さんが内閣府を訪ねて下さったり。それに、来週からの国会対応に加えて、講演などの情報発信活動の準備など。あっという間の一週間でした。

つぶやき

 それにしても寒い日々が続きますね。お身体にお気を付けください。

2018.01.24
今年初回の経済財政諮問会議

1月23日(火)15:20、今年初回の経済財政諮問会議、担当副大臣として出席。経済財政の中長期展望ならびに今年前半の議論すべき課題について議論。デフレ脱却、そのための賃上げ、財政健全化計画、世界的変化加速化への対応、society5.0本格稼働、全世代型社会保障、地域活性化など。

つぶやき

計画的にかつ情熱を傾けて取組みます!

今年初回の経済財政諮問会議

2018.01.23
日銀金融政策決定会合

今朝は9時から12時過ぎまで、日銀金融政策決定会合。昨晩の雪の影響が心配でしたが、新メンバーになってから4回目の会合は無事に予定通り開催。(写真は2017.9.21)

つぶやき

経済情勢や金融政策について議論しました。

日銀金融政策決定会合

2018.01.22
“おちたかおフォーラム”第59回勉強会

おちたかおフォーラム第59回朝食勉強会「2018年の展望:人づくり・生産性革命と総裁選」私から1時間お話させて頂きました。
少子高齢化が進むこの国が本当に成長できるのか?!この不安を真正面から受け止め答えを出すのが、人づくり革命と生産性革命です。人生100年時代を念頭に全世代型社会保障と全世代型教育学習の制度環境を整え安心な社会を築き上げる一方で、国際競争を勝ち抜くべくイノベーションエコシステムを創り上げる。この道しかない、この5年間でできた良い流れをさらに前に推し進めていきたい。

つぶやき

1人でも多くの方に政策づくりの考え方を知って頂きたいと一所懸命お話しました。ありがとうございました。

“おちたかおフォーラム”第59回勉強会

2018.01.19
月例経済報告関係閣僚会議in官邸

月例経済報告関係閣僚会議in官邸、経済財政政策担当副大臣として出席。景気判断は「緩やかに回復している」、7ヶ月ぶりの上向き変更で、この表現が使われるのは、4年前の消費税引上げ前の駆込み需要の3ヶ月以来、その前は2006年10月まで遡る。

つぶやき

景気回復の実感がより確かになるよう政策づくりに励みます!

月例経済報告関係閣僚会議in官邸

2018.01.19
政策づくりの現場へ

青山学院大学 経済学部 金子ゼミの皆さんが政策づくりの現場見学に。仕事の合間をぬって、内閣府副大臣室、国会議事堂などをご案内。

つぶやき

政治や社会に関心を深めてくれたかな…期待してます!

政策づくりの現場へ

2018.01.18
未来投資会議

IT社会実装が進んだ中国と電子国家エストニア、年末年始の出張の成果を踏まえ、未来投資会議の議論に臨んだ。
「グローバル化✖️デジタル化」によって世界の変化のスピードが加速中。

つぶやき

日本が豊かな国であり続けるために、必要な自己改革を率先して実施すべき旨訴えた。

未来投資会議

2018.01.17
日中政府間のパンダ債

同級生からのFBメッセージ「越智君が日経に載ってるよ」
確認したら7ページに。北京で12月に行われた日中政府間のパンダ債に関する書簡交換式の写真。パンダ債は日本企業が中国市場で発行する人民元建て債券、その発行を可能とするための仕組みづくり。

つぶやき

これからも日中間で上手にWin-Winの関係をつくっていきたい。

日中政府間のパンダ債

2018.01.15
日・エストニア拡大首脳会合

1月12日(金)17:40~18:25、日・エストニア拡大首脳会合。3日間に亘って独自にエストニア政府、スタートアップ企業、金融機関などからヒアリングを重ねた上で安倍総理一行に合流、三木谷楽天社長ら民間ミッションの皆さまとともに会合に臨んだ。

つぶやき

先駆的なIT企業との連携などを通じて経済関係強化を進めることはとても大事だと実感。

日・エストニア拡大首脳会合

2018.01.13
エストニア滞在で思うこと

4日間のエストニア滞在。日本の成長戦略ならびに社会保障改革を考える上で、デジタル化が最も進んだ国を見て感じておく必要がある。そんな問題意識、衝動、使命感にかられるように、年末の中国に続いてこの地を訪れた。やはり世界の動きは早い、日本の国が大きい分、外の世界を感じずに生活できる。人口130万人のこの国は常に世界を意識し、その中で生き残り存在感を高めることに心を砕いている。日本はこれから本格的な人口減少期を迎え、GDPシェアも小さくなっていく。

つぶやき

世界により開けた新しい国の姿を明らかにしていかなければ。

エストニア滞在で思うこと

2018.01.13
エストニア首相府にて懇談会

1月12日(金)、エストニア首相府でラタス首相と安倍総理を囲んで懇談会。隣に座ったキーク首相事務所長は28才、首相も38才、この国は何しろ若い。

つぶやき

今年は建国100周年の記念すべき年だが、ソ連から再独立してわずか27年、フロムスクラッチの国づくりに新しい世代の活躍が強く印象に残った。

エストニア首相府にて懇談会

2018.01.12
タリンにて安倍総理と合流

1月12日(金)午後、タリンで安倍総理と合流。今晩のエストニア政府との会合に同行する。

つぶやき

日本の総理として初めての訪問、両国間の関係が深まるよう努力をしたい。

タリンにて安倍総理と合流

2018.01.12
ノルデア銀行の方々と意見交換

1月12日(金)13:00、スウェーデンのノルデア銀行の2人。ストックホルムからエストニア首都タリンまで会いに来てくれた。ホテルのロビーで意見交換1時間。スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークのノルディック4ヶ国の話が聞けて、大変参考になった。

つぶやき

わざわざありがとうございました!

ノルデア銀行の方々と意見交換

2018.01.12
エストニア最大手銀行 スウェドバンク

1月12日(金)10:00、タリン市内でエストニア最大手銀行のスウェドバンクを訪ねた。
エストニアにおけるIT化の取組みでは、政府と金融、e-Governmentとe-Bankingとのコラボが重要な役割を果たした。国民1人が行政手続きで国とやりとりは年数回、銀行とのやりとりは週数回。金融の電子化が普及のドライバーとなったようだ。

つぶやき

e-Bankingの動向を今後も注目したい。

エストニア最大手銀行 スウェドバンク

2018.01.12
若い世代のエネルギーを活かせる日本へ

1月11日(木)18:30、エストニアで昨年創業したブロックチェーン開発のスタートアップBlockhive社の共同経営者、日下さんと有村さんと、タリン旧市街で意見交換。
フラットな視座で、より良い仕事をしようと、より良い社会を創ろうと、このIT先進小国に居を定めた2人の思いや感覚をじっくり伺った。

つぶやき

20代30代の若い世代の熱いエネルギーをちゃんと活かせる日本をつくらねば!

若い世代のエネルギーを活かせる日本へ

2018.01.12
首都タリンのフランス大使公邸へ

1月11日(木)15:00、エストニア首都タリンでフランス大使公邸を訪ねた。フランス人の友人の友人の大使は、行政系グランゼコールSciencePo1993年卒業、私はビジネス系グランゼコールESSEC1991年卒業、ほぼ同じ時期をパリで過ごした縁、親しみを感じながら意見交換。

つぶやき

気になった話の一つは、外交分野の女性活躍。駐エストニア大使は全部で28人、その内女性が半分の14人。この国の大統領も女性。たまたまなのか、何か理由があるのか、日本大使も女性、何だか興味深い。

首都タリンのフランス大使公邸へ

2018.01.12
IT社会に向けて

1月11日(木)13:00タリン市内、エストニアのデジタリゼーションの総指揮をとっていた元政府Chief Information Officerのターヴィ・コトカ氏と。日本のマイナンバー制度のあり方についてなど様々な示唆を賜わった。

つぶやき

ちなみにこのカフェREVALはビジネスユースが多いという、理由は目の前がパーキングスペースになっていて駐車しやすいから。この街では、駐車も自分のスマホアプリで駐車場所とIDを登録、取締りはその車がデータベース上に登録されているか確認する方法で、結構厳しいらしい。生活のいたる場面にITの知恵が使われている。

IT社会に向けて

2018.01.11
エストニア政府を訪問

1月11日(木)タリン2日目、エストニア政府を訪問。社会政策省、財務省から1996年からの20余年に亘るデジタリゼーションの取組みについて話を伺った。

つぶやき

下の写真は「モバイルID」の実演、SIMカードに日本でいうマイナンバーを登録してスマホで個人認証。これは2007年にスタートした仕組み。最新の取組みは「ゼロ・ビュロクラシー」、データ活用で行政裁量を最小限に抑える取組みらしい、もうちょっと勉強してみよう。

エストニア政府を訪問

2018.01.11
エストニア首都タリンに到着

1月10日(水)夕刻、エストニア首都タリンに到着。さっそく、友人がアレンジしてくれた夕食のひと時、国会議員、スタートアップ起業家、元政府IT担当者など多彩な方々から生の話を伺った。
「e-Residency電子居住権を2年前に安倍総理に差し上げた」「紙データよりデジタルデータの方が盗み見されにくい」「日本人は完璧さを追求する、エストニア人は効率性を追求する」「エストニアで創業したSkype出身者が様々な分野で活躍していてスカイプマフィアと呼ばれているんだ」など、率直なやりとりが楽しかった。

つぶやき

それにしても皆んな40前後で若かった、私が最長老だ。

エストニア首都タリンに到着

2018.01.11
ヘルシンキ空港にて

テレビ東京WBSなどで活躍の豊島さん、ヘルシンキ空港でバッタリ、同じ飛行機でエストニアの首都タリンへ。
安倍総理のエストニア訪問に合わせて、IT先進国の現場を日本の皆さんに伝えるための取材。実は私たち年は違うが大学院の同級生、マスメディアと政策家、立場は違うが共通の関心を持って現地に向かう。

つぶやき

自ずと会話がメチャメチャ弾む。

ヘルシンキ空港にて

2018.01.10
ムーミン・カフェ!

私の小学生時代のあだ名はムーミン。ノンノンは誰だ?と冷やかされたのを思い出す。ここはフィンランドのヘルシンキ中心部、国際機関に勤める友人の家に行く途中でたまたま見つけた。
病気療養休暇中に大学院で学直した話や石炭火力発電を利用していること、家で高齢者を扶養すると手当がでることなど、フィンランドの現実の一端を紹介してくれた。

つぶやき

それにしても北欧の冬は日照が短く寒い。これからいよいよ目的地である電子立国エストニアに入る。

ムーミン・カフェ!

2018.01.09
電子化先進国エストニアへ

これから電子化先進国エストニアへ。この20年でe国家を創り上げ、起業も盛ん、”北欧のシリコンバレー”と称される。先々週は”アジアのシリコンバレー”深圳を訪れた。AI自動運転路線バスの実証実験が行われ、民生用ドローンのシェア70%を誇るDJIなどイノベーティブな企業がひしめく。世界の流れは速い、日本にいて感じるよりよほど急激だ。
国会議員は基本的に会期中は国外に出られない。年末年始の時間をフル活用して「見て感じに行く」。競争環境の変化を実感し、最先端の取組みからヒントを得て、適時適切に有効な政策が打てる様できるかぎりの努力をしたい。
写真の彼は日本の大学生の千葉さん、エストニアの電子居住権を取得し、昨年秋にエストニアで起業。彼と話していると、東南アジアを歩き回っていた私自身の大学時代が蘇ってくるが、その頃と活動のプラットホームが圧倒的に違う。デジタリゼーションとインターネット普及によるグローバル化の加速。

つぶやき

エストニアで私自身が何を感じるか、そしてどんな政策を思いつくか、とっても楽しみだ。

電子化先進国エストニアへ

2018.01.06
地元世田谷へ

地元世田谷の様々な地域コミュニティグループの新年会に、毎年実は100件から200件出席させて頂いています。大勢の皆様から色々なご意見を頂く貴重な機会です。1月4日からスタート、今年は副大臣としての仕事の合間を縫ってとなりますが、できるかぎり参加させて頂きたいと思っています。

つぶやき

今年もよろしくお願いいたします!

地元世田谷へ

2018.01.04
仕事始め

1月4日仕事始め。東京証券取引所の大発会、麻生太郎金融大臣と一緒に参加させて頂きました。

つぶやき

今日は26年ぶりの高値、経済再生を確実に進めていこう、と決意を新たに。

仕事始め

2018.01.03
新年のご挨拶

妻と娘とともに群馬に、心から敬愛する祖父母に新年のご挨拶。

つぶやき

次世代にしっかりとこの国を引き継ぐべく、今年一年最善の努力を尽くすことを誓った。

新年のご挨拶

2018.01.01
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。
先月の中国訪問は衝撃的でした。イノベーションの社会実装の速さ、スマホ決済、シェア自転車、ドローン等々。今月は北欧エストニアを訪問します。電子政府、eHealth先進国。デジタリゼーションの進展とともにグローバリゼーション第二幕を迎えたような気がします。
今年のテーマは、これまでの「人口減少少子高齢化」対応に加え、「相対的小国化」対応。グローバル化進展に伴って日本はGDPも人口もシェアを小さくしていく。その中で日本が自らをいかに再定義していくか、真正面から考え政策を進めていきたいと思います。
元旦の朝は、いつも通り、5時半から朝起会、7時世田谷八幡に初詣、8時に実家でお雑煮。これから皇居に新年のご挨拶に参上します。

つぶやき

今年もご指導よろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます