2018.02.18
国会開会から4週間目

国会対応が本格化する一方で、政策づくりにも全力投球。一週間の活動を振り返ってみます。
2月12日(月)は、沖縄で開催された政策シンポジウムにパネリストとして参加、仮想通貨やICOなど金融の最前線の課題について議論。2月6日(火)には東大で開催された“近未来金融システム創造プロジェクト”にもパネリストとして参加、最近金融に対する関心が高まっている、様々な議論を経験させて頂きありがたい、経済の成長と生活の安定や豊かさを実現する金融をつくっていきたいと思っています。
2月13日(火)午前、未来投資会議の構造改革徹底推進会合の「地域経済・インフラ」会合の農林水産業第6回。6月の成長戦略の策定に向けて、前年秋から約9か月間かけてかなり細かく50回位に亘ってヒアリングを開催、今回は「農林水産分野のSociety5.0の実現について」、日本で最先端の取組を実践している企業や研究者の方々から、日商の三村会頭ら有識者の皆さまとともに意見を伺い議論させて頂きました。私は担当副大臣として毎回出席、日本の“際”、現在の最前線(=限界)を考える上で極めて貴重な機会です。
2月13日(火)、午後から衆議院本会議、税制改正に関する法案について麻生財務大臣から趣旨説明があり、その後与野党代表からの質疑、所要約2時間半。4年前の2月14日、私がこの法案の代表質問に立ちました、その時を思い出しながら質疑に耳を傾けました。15日(木)には地方税法に関する本会議質疑、所要約2時間。
2月14日(水)昼、衆議院財務金融委員会が今期初開催、麻生財務・金融担当大臣としての所信表明演説、所要約10分。これに続いて16日(金)午前9時から同委員会において大臣所信に対する質疑、所要5時間。私は麻生大臣・黒田日銀総裁らと並んで出席し、金融分野ならびに経済政策に関する質問に対して答弁。同日午前中に日銀の総裁・副総裁人事案が政府から国会に提示されたためマスコミ多数。ちなみに、今回の答弁の要否が確定したのは前日夕方、答弁レク(=答弁案の打合せ)は同日朝8時台に実施。私は朝7時過ぎには永田町入り。国会開会中は日程が定まらない日々が続きます。
2月15日(木)午前中、都内某私立小学校6年生120名が議員会館に来訪、私から国際会議場で「小学生のための政治講座」約1時間。私は政治リテラシー向上がとても大切だと考え、これまでも小中学生や大学生向けに政治講座を数十回実施。昨年夏「おちたかおと国会に行こう!」に親子で参加された方から、同じ授業を学校の皆にもやってほしいと要望があり、今回実現。目をキラキラ輝かせて聞いてくれてありがとう!実は先月も某小学校6年生140名に授業と国会見学、公務の日程を縫って一所懸命引き続き取り組みます。
2月15日(木)夕刻には、官邸で生産性向上国民運動推進協会、経済再生担当副大臣として出席。
加えて、GDP4半期速報発表、種々の政策議論など、また、地元世田谷から選挙制度等政治改革を検討しているグループの方々が議員会館を訪ねて下さりました。
それに、講演などの情報発信活動の準備がピーク。来週から再来週にかけて、“社会的インパクト投資”、“デジタリゼーション”、“生産性向上”ならびに“相対的小国化対応”に関連したプレゼンなどが待ち受けています。しっかり頭を整理して、分かり易く発信していきたいと考えています。

つぶやき

あっという間の一週間が過ぎました。寒い日が続きますね。お身体にお気を付けください。

2018.02.07
インフィオラータってご存知ですか?

みなさん、インフィオラータってご存知ですか?花びらを地面に敷き詰めて創るアート。昨日、第一人者の藤川靖彦さんが事務所に寄って下さり、オリンピックの聖火ランナーの通る道を花で彩りたい、と夢を語って下さいました。

つぶやき

神宮外苑のいちょう並木にお花が敷き詰められた姿、想像するだけでワクワクしますね!

インフィオラータってご存知ですか?

2018.02.07
「近未来の金融システムとは?」

昨晩は、久々に東大の本郷キャンパスに。「近未来の金融システムとは?」がテーマ、パネリストとして参加しました。近未来金融システム創造プログラム15回シリーズの最終回総括討議90分。モデレーターのフィンテック経営者・赤井厚雄さんを中心に、ブロックチェーン専門家・斎藤賢爾さんと若手経済学者の安田洋祐さんと。キャッシュレス、仮想通貨、アンバンドリング・リバンドリング、高齢化、AI、リテラシー、究極には金融はなくなるか?!など。金融をとりまく議論の”際”について侃侃諤諤。

つぶやき

大変勉強になりました、お誘い頂いた主催者の赤井さんに心から感謝します!

「近未来の金融システムとは?」

2018.02.02
BSフジ・プライムニュース

昨晩、BSフジ・プライムニュースに出演させていただきました。番組サイトに動画がアップされましたので、ぜひご覧ください!
『黒字化延期と財政再建 成長か?消費増税か? 日本の選択肢とリスク』
内閣府は、1月23日の経済財政諮問会議で、基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化が従来試算の2025年から2年ずれこむとの試算を発表した。経済財政のスペシャリストたちを迎え、財政再建の道筋などについて考える。
・ゲスト
越智隆雄 内閣府副大臣(経済財政担当)
森信茂樹 東京財団上席研究員
野口旭 専修大学経済学部教授
●こちらをクリックするとBSフジ・プライムニュースのHPをご覧頂けます。

つぶやき

突っ込み鋭い反町キャスターを中心に、約2時間の生番組。経済財政の政策担当者として一所懸命お話してきました。ぜひご覧ください。

BSフジ・プライムニュース

2018.01.24
いよいよ国会が始まりました

1月22日(月)から150日間の通常国会です。この一週間は国会対応を中心に展開しましたが、細かく振り返ってみます。
開会日22日(月)の朝7時半からは、おちたかおフォーラム朝食勉強会、初当選から浪人中も含め12年間続けているビジネスマン向けの勉強会で今回は59回目、私が率直にそしてリアルに政治と政策の動きを1時間でコンパクトに語り質疑応答する会です。テーマは「2018年の展望:人づくり・生産性革命と総裁選」、政策と政治を絡めてお話しするのが特徴です。勉強会後は手伝ってくれた学生やボランティアスタッフとしばし懇談、この時間は感覚をアップデートする上で大切な時間です。
22日(月)、1ヶ月半ぶりに国会開会、12時に衆議院本会議場に参集し、午後から安倍総理の施政方針演説。働き方改革や人づくり革命・生産性革命などアベノミクスの推進に欠かざるべき重要政策が語られました。それを受けて24日(水)と25日(木)にそれぞれ3時間強、本会議場で各党からの代表質問と総理らの答弁、そして参院も同様の本会議が終わった26日金曜日夕方に、衆参両院の予算委員会がスタート、私は経済財政政策担当副大臣として経済見通しにつき発言、来週から衆議院予算委員会が本格稼働です。
23日(火)は日銀金融政策決定会合、経済財政政策担当副大臣として財務副大臣と共に政府を代表して出席、3か月に2回、朝9時から昼前後まで約3時間の議論を経てその時々の金融政策が決められます。今回は前日から大雪が大きな課題に、出席者11名ならびに事務局の方々の多くは近所のホテルに宿泊。無事に開催されました。
23日(火)午後は、官邸で経済財政諮問会議、経済財政政策担当副大臣として出席、安倍総理を中心に、榊原経団連会長、高橋日本総研理事長、伊藤元重教授らが、今年前半の議論すべき課題ならびに日本の経済財政の中長期的な見通しについて議論。この会議で毎年6月に向けて所謂「骨太方針」が作られます。
23日(火)にTPPが大きく進展。東京で開催された主席交渉官会合で11ヶ国が3月8日にチリで署名式を開催することで一致。昨年1月23日の米国離脱表明後、累次の交渉を経て合意に至ったもの。TPP担当副大臣として昨年3月のチリでの閣僚会合には大臣の代理で出席しました。その後26日(金)に、ダボス会議で米国トランプ大統領が突如TPP復帰を検討と発言。TPP11を着実に進めつつ、米国の動向も注視します。
26日(金)朝は、外国企業の日本拠点代表らにプレゼン、テーマは「Economic Overview and Policy Evolution of Abenomics」、最初は英語で途中から力尽きて通訳さんの力を借りて、世界で一番ビジネスのしやすい日本を目指して…グローバル人材やデジタリゼーションの議論に。
26日(金)夕刻には、官邸で統計改革推進会議、担当副大臣として出席。GDP統計の精度向上の取組などについて議論。
加えて、外国人土地取得に関する現状と対応、中小企業に対する財務戦略支援策、仮想通貨の現状と対応、法人設立手続きの見直し、民泊の条例制定、幼児教育無償化の範囲検討などの政策議論、また、地元世田谷から千歳船橋商店街の皆さんが内閣府を訪ねて下さったり。それに、来週からの国会対応に加えて、講演などの情報発信活動の準備など。あっという間の一週間でした。

つぶやき

 それにしても寒い日々が続きますね。お身体にお気を付けください。

2018.01.24
今年初回の経済財政諮問会議

1月23日(火)15:20、今年初回の経済財政諮問会議、担当副大臣として出席。経済財政の中長期展望ならびに今年前半の議論すべき課題について議論。デフレ脱却、そのための賃上げ、財政健全化計画、世界的変化加速化への対応、society5.0本格稼働、全世代型社会保障、地域活性化など。

つぶやき

計画的にかつ情熱を傾けて取組みます!

今年初回の経済財政諮問会議

2018.01.23
日銀金融政策決定会合

今朝は9時から12時過ぎまで、日銀金融政策決定会合。昨晩の雪の影響が心配でしたが、新メンバーになってから4回目の会合は無事に予定通り開催。(写真は2017.9.21)

つぶやき

経済情勢や金融政策について議論しました。

日銀金融政策決定会合

2018.01.22
第59回おちたかおフォーラム

おちたかおフォーラム第59回朝食勉強会「2018年の展望:人づくり・生産性革命と総裁選」私から1時間お話させて頂きました。
少子高齢化が進むこの国が本当に成長できるのか?!この不安を真正面から受け止め答えを出すのが、人づくり革命と生産性革命です。人生100年時代を念頭に全世代型社会保障と全世代型教育学習の制度環境を整え安心な社会を築き上げる一方で、国際競争を勝ち抜くべくイノベーションエコシステムを創り上げる。この道しかない、この5年間でできた良い流れをさらに前に推し進めていきたい。

つぶやき

1人でも多くの方に政策づくりの考え方を知って頂きたいと一所懸命お話しました。ありがとうございました。

第59回おちたかおフォーラム

2018.01.19
月例経済報告関係閣僚会議in官邸

月例経済報告関係閣僚会議in官邸、経済財政政策担当副大臣として出席。景気判断は「緩やかに回復している」、7ヶ月ぶりの上向き変更で、この表現が使われるのは、4年前の消費税引上げ前の駆込み需要の3ヶ月以来、その前は2006年10月まで遡る。

つぶやき

景気回復の実感がより確かになるよう政策づくりに励みます!

月例経済報告関係閣僚会議in官邸

2018.01.19
政策づくりの現場へ

青山学院大学 経済学部 金子ゼミの皆さんが政策づくりの現場見学に。仕事の合間をぬって、内閣府副大臣室、国会議事堂などをご案内。

つぶやき

政治や社会に関心を深めてくれたかな…期待してます!

政策づくりの現場へ

2018.01.18
未来投資会議

IT社会実装が進んだ中国と電子国家エストニア、年末年始の出張の成果を踏まえ、未来投資会議の議論に臨んだ。
「グローバル化✖️デジタル化」によって世界の変化のスピードが加速中。

つぶやき

日本が豊かな国であり続けるために、必要な自己改革を率先して実施すべき旨訴えた。

未来投資会議

2018.01.17
日中政府間のパンダ債

同級生からのFBメッセージ「越智君が日経に載ってるよ」
確認したら7ページに。北京で12月に行われた日中政府間のパンダ債に関する書簡交換式の写真。パンダ債は日本企業が中国市場で発行する人民元建て債券、その発行を可能とするための仕組みづくり。

つぶやき

これからも日中間で上手にWin-Winの関係をつくっていきたい。

日中政府間のパンダ債

2018.01.15
日・エストニア拡大首脳会合

1月12日(金)17:40~18:25、日・エストニア拡大首脳会合。3日間に亘って独自にエストニア政府、スタートアップ企業、金融機関などからヒアリングを重ねた上で安倍総理一行に合流、三木谷楽天社長ら民間ミッションの皆さまとともに会合に臨んだ。

つぶやき

先駆的なIT企業との連携などを通じて経済関係強化を進めることはとても大事だと実感。

日・エストニア拡大首脳会合

2018.01.13
エストニア滞在で思うこと

4日間のエストニア滞在。日本の成長戦略ならびに社会保障改革を考える上で、デジタル化が最も進んだ国を見て感じておく必要がある。そんな問題意識、衝動、使命感にかられるように、年末の中国に続いてこの地を訪れた。やはり世界の動きは早い、日本の国が大きい分、外の世界を感じずに生活できる。人口130万人のこの国は常に世界を意識し、その中で生き残り存在感を高めることに心を砕いている。日本はこれから本格的な人口減少期を迎え、GDPシェアも小さくなっていく。

つぶやき

世界により開けた新しい国の姿を明らかにしていかなければ。

エストニア滞在で思うこと

2018.01.13
エストニア首相府にて懇談会

1月12日(金)、エストニア首相府でラタス首相と安倍総理を囲んで懇談会。隣に座ったキーク首相事務所長は28才、首相も38才、この国は何しろ若い。

つぶやき

今年は建国100周年の記念すべき年だが、ソ連から再独立してわずか27年、フロムスクラッチの国づくりに新しい世代の活躍が強く印象に残った。

エストニア首相府にて懇談会

2018.01.12
タリンにて安倍総理と合流

1月12日(金)午後、タリンで安倍総理と合流。今晩のエストニア政府との会合に同行する。

つぶやき

日本の総理として初めての訪問、両国間の関係が深まるよう努力をしたい。

タリンにて安倍総理と合流

2018.01.12
ノルデア銀行の方々と意見交換

1月12日(金)13:00、スウェーデンのノルデア銀行の2人。ストックホルムからエストニア首都タリンまで会いに来てくれた。ホテルのロビーで意見交換1時間。スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークのノルディック4ヶ国の話が聞けて、大変参考になった。

つぶやき

わざわざありがとうございました!

ノルデア銀行の方々と意見交換

2018.01.12
エストニア最大手銀行 スウェドバンク

1月12日(金)10:00、タリン市内でエストニア最大手銀行のスウェドバンクを訪ねた。
エストニアにおけるIT化の取組みでは、政府と金融、e-Governmentとe-Bankingとのコラボが重要な役割を果たした。国民1人が行政手続きで国とやりとりは年数回、銀行とのやりとりは週数回。金融の電子化が普及のドライバーとなったようだ。

つぶやき

e-Bankingの動向を今後も注目したい。

エストニア最大手銀行 スウェドバンク

2018.01.12
若い世代のエネルギーを活かせる日本へ

1月11日(木)18:30、エストニアで昨年創業したブロックチェーン開発のスタートアップBlockhive社の共同経営者、日下さんと有村さんと、タリン旧市街で意見交換。
フラットな視座で、より良い仕事をしようと、より良い社会を創ろうと、このIT先進小国に居を定めた2人の思いや感覚をじっくり伺った。

つぶやき

20代30代の若い世代の熱いエネルギーをちゃんと活かせる日本をつくらねば!

若い世代のエネルギーを活かせる日本へ

2018.01.12
首都タリンのフランス大使公邸へ

1月11日(木)15:00、エストニア首都タリンでフランス大使公邸を訪ねた。フランス人の友人の友人の大使は、行政系グランゼコールSciencePo1993年卒業、私はビジネス系グランゼコールESSEC1991年卒業、ほぼ同じ時期をパリで過ごした縁、親しみを感じながら意見交換。

つぶやき

気になった話の一つは、外交分野の女性活躍。駐エストニア大使は全部で28人、その内女性が半分の14人。この国の大統領も女性。たまたまなのか、何か理由があるのか、日本大使も女性、何だか興味深い。

首都タリンのフランス大使公邸へ

2018.01.12
IT社会に向けて

1月11日(木)13:00タリン市内、エストニアのデジタリゼーションの総指揮をとっていた元政府Chief Information Officerのターヴィ・コトカ氏と。日本のマイナンバー制度のあり方についてなど様々な示唆を賜わった。

つぶやき

ちなみにこのカフェREVALはビジネスユースが多いという、理由は目の前がパーキングスペースになっていて駐車しやすいから。この街では、駐車も自分のスマホアプリで駐車場所とIDを登録、取締りはその車がデータベース上に登録されているか確認する方法で、結構厳しいらしい。生活のいたる場面にITの知恵が使われている。

IT社会に向けて

2018.01.11
エストニア政府を訪問

1月11日(木)タリン2日目、エストニア政府を訪問。社会政策省、財務省から1996年からの20余年に亘るデジタリゼーションの取組みについて話を伺った。

つぶやき

下の写真は「モバイルID」の実演、SIMカードに日本でいうマイナンバーを登録してスマホで個人認証。これは2007年にスタートした仕組み。最新の取組みは「ゼロ・ビュロクラシー」、データ活用で行政裁量を最小限に抑える取組みらしい、もうちょっと勉強してみよう。

エストニア政府を訪問

2018.01.11
エストニア首都タリンに到着

1月10日(水)夕刻、エストニア首都タリンに到着。さっそく、友人がアレンジしてくれた夕食のひと時、国会議員、スタートアップ起業家、元政府IT担当者など多彩な方々から生の話を伺った。
「e-Residency電子居住権を2年前に安倍総理に差し上げた」「紙データよりデジタルデータの方が盗み見されにくい」「日本人は完璧さを追求する、エストニア人は効率性を追求する」「エストニアで創業したSkype出身者が様々な分野で活躍していてスカイプマフィアと呼ばれているんだ」など、率直なやりとりが楽しかった。

つぶやき

それにしても皆んな40前後で若かった、私が最長老だ。

エストニア首都タリンに到着

2018.01.11
ヘルシンキ空港にて

テレビ東京WBSなどで活躍の豊島さん、ヘルシンキ空港でバッタリ、同じ飛行機でエストニアの首都タリンへ。
安倍総理のエストニア訪問に合わせて、IT先進国の現場を日本の皆さんに伝えるための取材。実は私たち年は違うが大学院の同級生、マスメディアと政策家、立場は違うが共通の関心を持って現地に向かう。

つぶやき

自ずと会話がメチャメチャ弾む。

ヘルシンキ空港にて

2018.01.10
ムーミン・カフェ!

私の小学生時代のあだ名はムーミン。ノンノンは誰だ?と冷やかされたのを思い出す。ここはフィンランドのヘルシンキ中心部、国際機関に勤める友人の家に行く途中でたまたま見つけた。
病気療養休暇中に大学院で学直した話や石炭火力発電を利用していること、家で高齢者を扶養すると手当がでることなど、フィンランドの現実の一端を紹介してくれた。

つぶやき

それにしても北欧の冬は日照が短く寒い。これからいよいよ目的地である電子立国エストニアに入る。

ムーミン・カフェ!

2018.01.09
電子化先進国エストニアへ

これから電子化先進国エストニアへ。この20年でe国家を創り上げ、起業も盛ん、”北欧のシリコンバレー”と称される。先々週は”アジアのシリコンバレー”深圳を訪れた。AI自動運転路線バスの実証実験が行われ、民生用ドローンのシェア70%を誇るDJIなどイノベーティブな企業がひしめく。世界の流れは速い、日本にいて感じるよりよほど急激だ。
国会議員は基本的に会期中は国外に出られない。年末年始の時間をフル活用して「見て感じに行く」。競争環境の変化を実感し、最先端の取組みからヒントを得て、適時適切に有効な政策が打てる様できるかぎりの努力をしたい。
写真の彼は日本の大学生の千葉さん、エストニアの電子居住権を取得し、昨年秋にエストニアで起業。彼と話していると、東南アジアを歩き回っていた私自身の大学時代が蘇ってくるが、その頃と活動のプラットホームが圧倒的に違う。デジタリゼーションとインターネット普及によるグローバル化の加速。

つぶやき

エストニアで私自身が何を感じるか、そしてどんな政策を思いつくか、とっても楽しみだ。

電子化先進国エストニアへ

2018.01.06
地元世田谷へ

地元世田谷の様々な地域コミュニティグループの新年会に、毎年実は100件から200件出席させて頂いています。大勢の皆様から色々なご意見を頂く貴重な機会です。1月4日からスタート、今年は副大臣としての仕事の合間を縫ってとなりますが、できるかぎり参加させて頂きたいと思っています。

つぶやき

今年もよろしくお願いいたします!

地元世田谷へ

2018.01.04
仕事始め

1月4日仕事始め。東京証券取引所の大発会、麻生太郎金融大臣と一緒に参加させて頂きました。

つぶやき

今日は26年ぶりの高値、経済再生を確実に進めていこう、と決意を新たに。

仕事始め

2018.01.03
新年のご挨拶

妻と娘とともに群馬に、心から敬愛する祖父母に新年のご挨拶。

つぶやき

次世代にしっかりとこの国を引き継ぐべく、今年一年最善の努力を尽くすことを誓った。

新年のご挨拶

2018.01.01
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。
先月の中国訪問は衝撃的でした。イノベーションの社会実装の速さ、スマホ決済、シェア自転車、ドローン等々。今月は北欧エストニアを訪問します。電子政府、eHealth先進国。デジタリゼーションの進展とともにグローバリゼーション第二幕を迎えたような気がします。
今年のテーマは、これまでの「人口減少少子高齢化」対応に加え、「相対的小国化」対応。グローバル化進展に伴って日本はGDPも人口もシェアを小さくしていく。その中で日本が自らをいかに再定義していくか、真正面から考え政策を進めていきたいと思います。
元旦の朝は、いつも通り、5時半から朝起会、7時世田谷八幡に初詣、8時に実家でお雑煮。これから皇居に新年のご挨拶に参上します。

つぶやき

今年もご指導よろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます