活動報告

民主主義の本質的課題

ワシントンでの議論が始まりました。 ブルッキングス研究所で元下院議員のベテラン政治家の方々との意見交換。 与野党対立激化による政治の停滞が深刻な問題。日米ともに抱える民主主義の本質的課題について解決策を探りました。

ワシントンに出張

これから3日間ワシントンに出張してきます。 シンクタンクや政府関係者と十数の会合が予定されています。 外交がダイナミックに動き始めた今だからこそ、ワシントンの方々としっかり議論してきたいと思っています。 いってきます。

相手の国の言葉を話すことの重さ

フィンランド人の日本政治研究者のインタビューを受けた。日本政治の現状に加え、日米同盟の今後に関心があるようだ。高校時代一年間を東京で過ごしたミンナさんの日本語は実に流暢だった。言語はコミットメントというが、相手の国の言葉 […]